これで「鳥獣戯画」を自宅でもリアル再現可能、蛙と兎のフィギュアが登場


京都・高山寺に伝わる絵巻物の鳥獣戯画(鳥獣人物戯画)は国宝に指定されており、なかなか手軽に触れることができないものですが、ワンダーフェスティバル 2016[冬]の海洋堂ブースではなんと作品に描かれる蛙と兎を3Dで再現したフィギュアが登場していました。

コレが海洋堂の鳥獣戯画フィギュア。同作品の「甲巻」で描かれる、蛙と兎の相撲の様子をフィギュアにしたものです。


フィギュアはパーツ分割式。まるで絵巻物からそのまま飛び出してきたかのような造型が見事。


相撲で投げられた兎も表情豊か。


2つのフィギュアをセットで配置するだけで、鳥獣戯画の世界観がバシッと再現されるようになります。


なお、作製したのは「チョコエッグ」などを担当した海洋堂の造形作家、松村しのぶ氏。ワンフェス開催時点では発売日、価格とも未定となっています。


蛙の背中がリアルに描かれています。


動き出しそうなこの表情。


これはぜひ、周囲で笑い転げている蛙たちも再現して、背景も完全再現できるキットも登場してほしいところ。

・関連記事
ワンダーフェスティバル 2016[冬]開幕、全記事一覧まとめ - GIGAZINE

鳥獣戯画のモチーフをぺたぺた配置するだけで簡単に絵巻物っぽい画像を作成できる「鳥獣戯画制作キット」 - GIGAZINE

アリス×京都×鳥獣戯画、オリジナルアニメ「京騒戯画」のステージレポート - GIGAZINE

674

in 取材,  生き物,  アート, Posted by logx_tm