名作ゲーム「DOOM」の最新作予告編は「CERO?なにそれ?おいしいの?」と言わんばかりの暴力描写まみれ


一人称視点で操作するFPSというゲームジャンルの知名度を一気に上げるのに貢献したのがゲーム「DOOM」です。そのDOOMの最新作がPlayStation 4・Xbox One・PC向けに発売される予定なのですが、発売前に最新のプレイムービーが公開されました。その内容は流血・部位破壊などなどありとあらゆるグロテスクな表現が詰まっています。

※以下のムービーおよび記事には強烈なグロテスク描写が多く登場します。残酷な映像や描写が苦手な人は今すぐにページを閉じてください。

DOOM – Campaign Trailer - YouTube


id Softwareが開発。


そこら中が血まみれです。


何かに殺された人間でしょうか?


死体の頭をつかんで……


ボタンに思いっきりぶつけてドアを開けます。最初から飛ばし気味の暴力描写。


下におりるエレベーターの窓も血まみれ。


階下ではレブナントがウロウロしていました。


弾を装てんし……


バトル開始。


銃をぶっ放すと敵の体は中から飛び散ります。


細い通路で襲いかかってくる敵に向かって乱射。


倒れた敵の上にのって……


足で頭を踏みつぶすフィニッシュムーブ。


プラズマライフルで敵をめった打ちにします。


近づいてくるピンキーに照準を合わせて……


撃ち込むのかと思いきや、巨大な牙をつかみます。


牙を引き抜き……


目にぶっ刺してフィニッシュ。


血塗られたショットガン。


ショットガンに弾を詰め込み……


第2ラウンドのスタート。


首をつかんで……


左手でぶん殴ると木っ端みじんに。


愛くるしいカコデーモン。


そんなカコデーモンを撃ち殺すのではなく、右手で殴って目を破壊。


高い場所からジャンプ!


階下には敵がいます。


敵の上に着地。


そのまま頭を踏みつぶします。


乱射しまくりで血が飛び散りまくり。


チェーンソーで体を切り裂きます。


ヒャッハーしまくりのプレイヤーの前にバロンオブヘルが登場。


主人公の足をつかみ……


引きちぎります。


「DOOM」


「DOOM」は2016年5月13日に発売予定。


日本での発売も決まっており、SteamではPC版の予約を受付中。PS4とXbox ONEの日本語版については記事作成時点で発売日は不明です。

・関連記事
名作ゲーム「DOOM」にInstagramっぽい自撮りを可能にするMODが登場 - GIGAZINE

革命を起こしたゲームDoomが20周年で当時のプログラマーが語る開発秘話とは? - GIGAZINE

キヤノンのプリンターをハックしてディスプレイ部分にゲームを表示させることに成功 - GIGAZINE

ビデオゲーム史に名を残すゲームの殿堂入り6本が決定し日本からはあのゲームが受賞 - GIGAZINE

殺人者の心理がわかるゲーム「DayZ」が発売後1カ月で100万DLを突破した理由とは? - GIGAZINE

127

in 動画,  ゲーム,   Posted by darkhorse_log