Google社員が自作した「スマート鏡」はスマホの通知センターのように時刻・天気・ニュースを表示


朝起きてから出かけるまでの時間はなるべく有効に使いたいものです。そんな中、自宅の洗面台を改造して、朝の身支度をしながら天気やニュースが見られる「スマート鏡」を自作してしまった人が登場しています。

My Bathroom Mirror Is Smarter Than Yours ? Medium
https://medium.com/@maxbraun/my-bathroom-mirror-is-smarter-than-yours-94b21c6671ba

How to build a smart bathroom mirror according to a Google engineer - Business Insider
http://www.businessinsider.com/how-to-build-a-smart-bathroom-mirror-according-to-a-google-engineer-2016-2

Googleでソフトウェアエンジニアとして勤務しているMax Braun氏は、ある日のこと自宅の洗面所にある鏡を近未来的なものに改造したくなったそうです。しかし、求める鏡がどこにも売っていないことに気付いたBraun氏は、部品を集めて「スマート鏡」を自作することにします。

Braun氏は、まずマジックミラー鏡専門店のTwo Way Mirrorで巨大なマジックミラーを購入。続いて、鏡の裏に設置するディスプレイパネルとしてASUSの15.6インチLEDディスプレイ「MB168B+」を入手し、操作用のコントローラボード物理ボタンなどの部品と組み合わせて、スマート鏡を完成させたそうです


表示部分に近づいて見てみると、見た目はスマートフォンの通知センターのような感じ。ちょうど顔が写る位置の左右に、現在時刻、月日、気温、ニュースを表示して、時間のない朝でも必要な情報をいち早くチェックできるようになっています。なお、OSはAndroidを使用していて、鏡を使う際に邪魔にならないようにアイコンやフォントは単一色に統一しているそうです。


横から見ると、鏡の薄さはほんの数ミリメートル。


スマート鏡の裏側は、「まだ開発段階なのでボードがぐちゃぐちゃ」、とBraun氏はコメント。Amazon Fire TV Stickや電源ボタンなどが配置されています。


Braun氏は自作のスマート鏡の出来にまだ満足していないようで、スマート鏡の表示内容に新たに交通情報や、リマインダー、さらにはスマート鏡の音声操作を可能にする「Google Now」の実装にも挑戦している最中だそうです。

・関連記事
ノルウェーの谷底の町を太陽で照らす51平方メートルもある3枚の巨大鏡 - GIGAZINE

酔っぱらってトイレに行くと鏡を激しく割って顔が飛び出してくる「#PubLooShocker」 - GIGAZINE

鏡に映った一人の男の人生を描くショートムービー「Le Miroir」 - GIGAZINE

プールやお風呂で指がしわしわになるのはなぜ? - GIGAZINE

一瞬で水分を吸収してしまう洗濯も手入れも不要なバスマット「soil BATH MAT light」 - GIGAZINE

すさまじい装飾で登録有形文化財にも指定されたお風呂屋さん「船岡温泉」に行ってきました - GIGAZINE

本場のトルコ式風呂「ハマム」に行ってみた - GIGAZINE

190

in ハードウェア, Posted by darkhorse_log