「専攻科目・講義・教室ナシ」という斬新な大学をMITが設立予定

By Francisco Osorio

マサチューセッツ工科大学(MIT)は無料オンライン講座で修士学位を取得可能なプログラムを発表するなど、これまでにない教育スタイルに注力していることで知られています。そんなMITのOffice of the Dean for Graduate Education(ODGE)で学部長を務めるクリスティーン・オルティス教授が、専攻科目・講義・教室のない斬新な大学の設立を計画していることがわかりました。

Dean for graduate education to take leave, start new university - The Tech
http://tech.mit.edu/V135/N38/ortiz.html


クリスティーン・オルティス教授が設立を目指しているのは全寮制の非営利大学で、研究プロジェクトをベースに学習する新しいモデルの大学とのこと。オルティス教授は「新大学が開設されれば、在校生と卒業生の区別はなくなります」と話しており、専攻科目・講義・教室などの概念がなく、研究プロジェクトベースの学習スタイルにより、従来の大学教育の課程を省略することができるそうです。

新大学の学生は、自らのスタートアップのアイデアや展望に基づいた基礎研究と応用研究の両方に取り組むことができ、入学後は過去の学位や等級に関係なく、プロジェクトが完了するまで研究に専念することができます。オルティス教授は従来の「学位システム」とは根本的に異なる学習モデルを目指しており、その一方でオンライン教育と同程度の学位を取得できると考えています。今までにない新しいシステムにより、学生のプロジェクト進行を妨げることのない柔軟な対応が可能とのことですが、具体的な学習方式などについては明かされていません。

By Steven S.

オルティス教授は今学期をもってODEGの学部長職を1年間辞任する予定で、すでに新大学設立を支援するためのチームを集め始めているとのこと。辞任後は大学設立に必要な法手続きを開始する予定です。なお、オルティス教授は新大学がMITの一部となることを望んでいるとのことです。

・関連記事
MITが無料オンライン講座で修士学位を取得可能なプログラムを発表 - GIGAZINE

最高の教育環境を最高の人材へ提供する「ミネルヴァ・プロジェクト」とは? - GIGAZINE

大学の学費を12人いる子ども全員が自分で払えるようになった子育て術 - GIGAZINE

アメリカの大学を卒業するためにかかる学費はどれぐらいなのか? - GIGAZINE

アジアで最も優れた大学は?アジアの大学ランキングが発表、日本からは19校がランクイン - GIGAZINE

ビル・ゲイツが語る「オンライン授業が教育に革命的変化をもたらす可能性」とは? - GIGAZINE

138

in メモ, Posted by logw_ny