AppleがVR技術開発のため秘密計画始動、スタッフ数百人で何かやっている模様

by Andy

Appleがバーチャルリアリティ(VR)分野を率いる研究者を新たに雇い入れて、何百人ものスタッフを編成してVRと拡張現実(Augmented Reality、AR)用技術を秘密裏に開発中と報じられています。

Apple builds secret team to kick-start virtual reality effort - FT.com
http://www.ft.com/cms/s/0%2Fd9d3b86c-c67f-11e5-808f-8231cd71622e.html

Apple quietly working on virtual reality: report
http://phys.org/news/2016-01-apple-quietly-virtual-reality.html

Apple reportedly has hundreds of people working on a secret virtual reality team | The Verge
http://www.theverge.com/2016/1/29/10871228/apple-secret-virtual-reality-team-report

Appleでは過去にもVRヘッドセット開発に乗り出したことがあり、例えばスティーブ・ジョブズ氏がCEOを務めていた2000年代中盤には、社内の小さなチームがVR機器のプロトタイプを製作して複数の特許を取得したり、2013年にはMicrosoftのKinectの3Dセンサー技術を手がけたイスラエルの企業「PrimeSense」を買収したりといった動きがありましたが、当時はVR市場がいまだに未熟だったことから、AppleはVR技術の製品化までは進めなかったとのこと。

しかし2014年にFacebookがOculusの買収に乗り出すなど、VR市場が次第に活発化してきたことから、Appleは「VRシステムのプロトタイプ開発とユーザーテスト用に、高性能のアプリを開発するソフトウェア・エンジニアを募集」という告知を2015年2月に行っていました。人材募集と同時に、AppleはVRヘッドセットに関する特許を新たに申請しています。iPhoneをメガネ型デバイスに差し込んで使用すると思しき形状は、Googleのヘッドセット「Cardboard」によく似ている感じ。


メガネ型デバイスの操作をリモコンで行う特許も申請しています。


Appleは2016年1月中旬に、世界トップレベルのVR研究者であるDoug Bowman氏を雇用したことをはじめとして、MicrosoftのHololens開発チームメンバーや、撮影後にピント合わせが可能なカメラを開発しているLytroなどの企業から人材を引き抜き、VR開発部門に何百人ものスタッフを雇い入れたとのこと。さらに、AppleはARスタートアップのFlyby Mediaを買収したと報じられています。Flyby MediaはこれまでGoogleと共同で3DセンサーとVRを組み合わせたProject Tangoの開発を進めてきました。

Appleは2015年中ごろからすでに数カ月間にわたってVRヘッドセットのプロトタイプを制作しているとのことで、ティム・クックCEOは「VRヘッドセットは実にすばらしく、我々はおもしろいアプリをいくつか用意しています」と語っています。なお、Apple製VRヘッドセットの詳細や、AppleがVR技術をいつ正式発表するのかは明らかになっていません。

・関連記事
常に時代の一歩先のVR技術を開発する南カリフォルニア大学の知られざる研究施設ICTに潜入 - GIGAZINE

サムスンがOculusと共同でモバイル端末向け新型VRヘッドセットを開発中 - GIGAZINE

FacebookによるVRアプリ開発などOculus Riftにまつわるいろいろな動きなど - GIGAZINE

無料でVRヘッドセットやゲームエンジン「CryENGINE」を利用できるVR開発専門施設「VR FIRST」が登場 - GIGAZINE

VRヘッドセットOculus RiftはゲーミングPC同等のハイスペックマシンが要求される - GIGAZINE

現実世界に別れを告げて仮想空間へ旅立つべく「Oculus Rift」と「Gear VR」を体験してきました - GIGAZINE

VRヘッドセット「Oculus Rift」の予約開始、価格&出荷時期がついに判明 - GIGAZINE

102

in ハードウェア, Posted by darkhorse_log