iPhone/iPad/Macの「Safari」で強制終了のバグが発生中、回避方法はコレ


Appleの標準ブラウザであるSafariで、アドレスバーをクリック・タップするとSafariがクラッシュしてしまうという現象が日本国内外で報告されています。Appleから公式発表やパッチのリリースは出ていませんが、簡単な設定だけで強制終了を回避できることが判明しました。

Safari is crashing for a lot of people due to this odd bug
http://mashable.com/2016/01/27/safari-crashing-bug/

海外ニュースサイトのMashableによると、Safariのバグが発生しているのは、iOS 8/iOS 9搭載のiPhoneとiPad、OS X 10.11.1(El Capitan)搭載のMacとのこと。ただし全てのユーザーに発生しているわけではなく、通常通り使えている人もいる模様。いずれもバグの内容はSafariのアドレスバーから検索しようとしてタップ/クリックすると強制終了してしまうというものです。

このバグの対処方法は、iOSなら「設定」をタップして……


「Safari」をタップ


ここで「Safari検索候補」をオフにするだけでOK。


OS Xの場合は、Safari起動後にメニューバーの「Safari」から「環境設定」を選択。


「検索」の設定の中にある「Safariの検索候補を含める」のチェックを外すことで、強制終了を回避できるようになります。


また、BuzzFeed Newsが独自に入手した情報によると、このバグが発生しているのは特定の時間に「Safariの検索候補」機能を利用した人のみで、この時のキャッシュがアドレスバーのタップ時にクラッシュを引き起こしていたとのこと。BuzzFeed Newsの情報筋によると、Appleはすでにこの問題を解決済みとのことですが、引き続き問題が発生している場合は、「設定」から「Safari」を開いた中にある「履歴とWebサイトデータを消去」を実行することで、問題を解決できるとのことです。

・関連記事
リンクをクリックするとiPhoneをクラッシュさせる悪質サイトが登場 - GIGAZINE

iPhoneで特定のテキストを受信するとアプリがクラッシュしたり端末が再起動したりしてしまうバグが発見される - GIGAZINE

無料でiPhoneのウェブブラウザ「Safari」上から広告を削除してしまう「Adblock Plus」を使ってみた - GIGAZINE

Chrome対Safari対Firefox、最もバッテリー消費が激しいブラウザはどれ? - GIGAZINE

新型4インチ「iPhone 5se」はA9チップ搭載でiPhone 6を超えるハイスペックモデルになる可能性 - GIGAZINE

iPhoneのカメラ出っ張り問題の解消なるか、Appleが「球面フォトセンサー」を用いる超薄型・高画質カメラの特許を取得 - GIGAZINE

453

in モバイル,  ソフトウェア, Posted by darkhorse_log