お湯をかけるだけで速攻でポテトサラダやマッシュポテトが完成するカルビー「じゃがマッシュ」試食レビュー


マッシュポテトやポテトサラダを作るには、ジャガイモをふかして皮をむいて裏ごしするといった下ごしらえが必要ですが、手間や時間を一切省いてお湯を注ぐだけで簡単にマッシュポテトを作れるのがカルビーポテトの「じゃがマッシュ」です。一体どれくらい簡単にマッシュポテトが作れるのか、実際に購入して確かめてみました。

男爵いものマッシュポテト|カルビーポテト
http://www.calbee-potato.co.jp/products/mash/

「じゃがマッシュ」の袋は、マッシュポテトの写真が大きくドーンと目立ちまくりのデザイン。


お湯を注いで1分混ぜるだけで、じゃがいも2個分のマッシュポテトが簡単に完成するとのこと。


「忙しいあなたに簡単!1分でマッシュポテトに!5分でポテトサラダ」ということで、マッシュポテトをベースにしたアレンジ料理にも使えます。


裏面には詳しい作り方がイラスト付きで載っています。必要な材料は熱湯120mlのみで、ポテトサラダやポテトスープ、ポテトサンドを作ったり、コロッケのタネとしても活用できます。


原材料はじゃがいもの他に、ホエイパウダー、食塩、クリーム風味パウダー、オニオンパウダー、こしょう、バターオイルパウダーなどで下味が付けてあります。カロリーは1袋35gあたり129kcal。


袋を開けてみると、フレーク状に加工された乾燥じゃがいもが入っています。北海道産のじゃがいもをふかして、裏ごししたものを、そのまま乾燥させて作られているとのこと。


というわけで、さっそく器を用意して、まずは熱湯120mlを注ぎます。


じゃがマッシュ1袋を投入。


スプーンでよく混ぜ合わせます。


混ぜ始めはフレーク状のじゃがいもが残っていますが……。


1分ほどかき混ぜているとなめらかなマッシュポテトが完成。


冷凍食品のマッシュポテトの中には食感がザラザラしたものもありますが、じゃがマッシュはじゃがいもをていねいに裏ごししてあるため、口当たりが非常になめらか。オニオンパウダー、こしょう、バターなどで下味がしっかりと付いているので味付けすることなく食べることができ、手軽さも抜群です。「夕食のおかずにもう少し何か足したい」という時や、「時間のない朝もしっかり食べたい」という時にかなり役立ちそうです。


じゃがマッシュで作ったマッシュポテトにマヨネーズを混ぜて、レタスやトマトを添えると簡単にポテトサラダが完成。ただ、「粗めにつぶしたポテトの食感が好き」という編集部員からは、歯ごたえがなくて少し物足りないという感想も出ていました。


なお、じゃがマッシュは楽天市場で1袋税込108円で販売されています。

【楽天市場】カルビーポテト じゃがマッシュ(35g):爽快ドラッグ
http://item.rakuten.co.jp/soukai/4963042030021/?s-id=review_PC_il_item_01

・関連記事
ポテトサラダのイメージを覆す新感覚の一品が食べられる「Potato Cream」 - GIGAZINE

お手軽にポテトサラダを楽しめる「fineskoポテトサラダシリーズ」を試食してみました - GIGAZINE

ジャガイモがマックフライポテトになるまでの工程をマクドナルドが公開 - GIGAZINE

ポテトサラダへの出資を募集したところKickstarterで目標額の3000倍以上が集まる - GIGAZINE

言われないとわからないマッシュポテトでつくった造形物 - GIGAZINE

122

in 試食, Posted by darkhorse_log