白身があっさりした「赤魚の西京焼定食」をやよい軒で食べてきた


定食屋であまりレギュラーメニューとして見かけることのない「赤魚の西京焼定食」が、やよい軒で1月19日から期間限定メニューとして提供されています。そういえばこの冬は魚は鍋で食べることはあっても、焼き魚ではほとんど食べなかったので、久々の焼き魚を食べに行ってきました。

『赤魚の西京焼定食』 1月19日(火)期間限定新発売! | 新着情報 | やよい軒
http://www.yayoiken.com/news/view/123

やよい軒に到着。


注文してから10分弱でメニューが到着しました。


「赤魚」はメバルの仲間。西京味噌をつけて焼いた西京焼ですが、見た目には味噌は少なめ。


定食屋によっては「焼き魚なのに骨はどこへ!?」と思うほど骨の少ない切り身を使っていることがありますが、この赤魚はしっかりと骨のついているタイプなので、フライを食べるノリでかじりつくと大変なことになります。


このサイズなら口に入れた時点で気付きますが、背びれや尻びれ近くの骨は小さいので注意。


うまく身を取るのが苦手な人はひっくり返した方が楽。


身離れはよく、背骨から身がポロッと取れます。身は脂が適度にのっており悪くないのですが、見た目通り、味噌味は控えめ。


そのためか、レモンと大根おろしが添えられていました。ほどよい甘みと塩味がウリなので、絶妙のバランスなのですが、個人的にはもうちょっと味噌の甘みが強い方が好みでした。


きれいに骨だけ残りました。


付け合わせの小鉢はなす、れんこん、豆腐ハンバーグの揚げ出し。


甘口の天つゆが使われています。この小鉢は他の定食とも組み合わせたくなる品。


期間限定メニューなので、気になる人はなくなる前に足を運んでください。

・関連記事
魚をボックスに入れ約2分間レンジでチンするだけの「レンジで焼き魚ボックス」をいろいろな魚で試してみた - GIGAZINE

レンジで3分間チンするだけで簡単に煮魚が作れる「レンジで煮魚カップ」 - GIGAZINE

骨ごと頭から尻尾まで味わい尽くすさんま塩焼き「骨まで食べられる さんま」試食レビュー - GIGAZINE

オムレツスパゲッティ、ブッシュミート、キャッサバ、焼き魚……カメルーンの食は豊かで美味しすぎました - GIGAZINE

59

in 試食, Posted by logc_nt