Amazonがホームレスを労働力として雇った結果は?

By Garry Knight

厚生労働省が2015年1月に実施したホームレスの実態に関する全国調査によると、日本全国にいるホームレスの数は合計6541人で2003年から年々減少傾向にあることが分かっています。対するアメリカでは、2015年の時点でニューヨークだけでも6万人以上のホームレスがいると言われており大きな問題になっています。そんな中、2015年末にAmazonがホームレスを労働力として雇用する施策をスタートさせたのですが、プログラムの関係者がその実態を明かしています。

Amazon Hires Homeless Workers – And Everyone Ends Up Disappointed | KUOW News and Information
http://kuow.org/post/amazon-hires-homeless-workers-and-everyone-ends-disappointed

ジャッキー・ウィリアムさんはスーツケースに入った衣類以外、何も持っていない状態でシアトルにやってきました。ウィリアムさんがシアトルに移住する前に住んでいたのはテキサス州のダラスだったそうですが、ダラスでは仕事が不足しており賃金も非常に低かったため、認定看護師の助手として働くためにシアトルにやってきたそうです。ウィリアムさんは「私はお金を稼ぐためにシアトルに来ました」と語りますが、彼女の認定看護師としての資格はテキサス州のものであり、シアトルのあるワシントン州ではすぐに使用することができませんでした。よって、ウィリアムさんが働くはずだった病院は彼女を雇うことができず、ウィリアムさんはシアトルでホームレスになってしまいます。


職を失いホームレスになってしまったウィリアムさんは、ホームレスが仕事に就けるよう手助けを行っているキリスト教女子青年会(YWCA)から、Amazonの就職説明会に参加する機会を得ます。Amazonが開催した就職説明会は初めはとても期待できる内容だったそうで、YWCAで同プログラムの斡旋を行っていたマイク・シュワルツ氏は「ホームレスを経験したことのある人にとって、とても良いビジネスだった」と語ります。

ホームレスを雇用することで、Amazonは「税金免除の対象となる」と「労働力も確保できる」という利点を得られました。これを狙う企業は少なくないようで、MicrosoftにはAmazonよりも先にホームレスを複数年雇用していたという実績がある模様。AmazonはMicrosoftのようにホームレスを雇用することで得られる利益に目をつけたわけですが、ホームレスを雇用することで生じるさまざまな影響をしっかり熟知できていたとは言い難いそうです。

By Global Panorama

Amazonがホームレスを雇い入れるためにYWCAに接触してきたのは2015年の秋頃だそうで、なんとAmazon1社による就職説明会が開催されることとなりました。Amazonは「物流倉庫に常駐の臨時雇いが欲しい」と説明してきたそうで、この話を受けたシュワルツ氏は「これは二度とないチャンスだ、と思いました。また、他の雇用主に対するお手本となるような事例になるかもしれない」と感じたそうです。

Amazonで多くの物が売れるホリデーシーズンが近づいていたこともあり、Amazonは早急に労働力を欲していたそう。そこでYWCAは急いで就職説明会の準備を行います。この準備というのは、特定の住まいを持たないホームレスに就職説明会のアナウンスなどを行う地道な作業で、通常は1カ月以上かけて行う作業だそうですが、たったの1週間でそれらをやりきったそうです。

By mendhak

当初、Amazonは足りない労働力を補え、ホームレスは仕事を得られるというWin-Winなプログラムと考えられていたのですが、問題が起きます。最初の問題は、Amazonが募集したのは夜勤や午後交代の仕事であったということです。これは、ほとんどのホームレス保護施設が日中は閉鎖されており、夜間には外出禁止令が出され、夜中に施設内を出入りすることができない、というホームレスの実情とかけ離れた職種が募集されたということです。もしもホームレスが夜勤などについた場合、保護施設で寝ることができなくなるので、公共図書館などの寝床を探す必要性があります。

そしてもうひとつの問題が、Amazonが募集していたのは「季節労働者」であったという点。シュワルツ氏はホームレスに「賢明に働けば、期間後も働かせてもらうことができる」と語ったそうですが、当時を振り返り「Amazonがこれまでにも多くの季節労働者を雇い入れ、そして期間後は解雇してきたことをしっかり把握しておくべきだった」とコメントしています。さらに、「もしもあなたがホームレスで季節労働を得られるとしても、それはあまり大きな助けにならないかもしれません。それどころか、あなたを傷つける可能性もある。また、(季節労働者は)自分の賃金でまかなえると思い家を借りようと考えるかもしれませんが、労働期間が終われば突然床に穴が開いて落とされるようにすべて失うことになる」と、季節労働ではホームレスが抱える問題を根本から解決することはできないと指摘しています。シュワルツ氏と同じように、ウィリアムさんも就職説明会はプラスよりもマイナスの面が大きかったと感じたそうで、「私たちをとても気落ちさせました」と語ります。

「通常、企業が初めてホームレスを雇用した後、こういった問題に直面することになる」とシュワルツ氏が語るように、Amazonがホームレスの抱える問題を把握し切れていなかったことは明白です。シュワルツ氏はこのような事態を少しでも解決するために、今後どのようなアプローチを取っていくべきかをAmazonと協議する場を設けたいと考えていたそうですが、Amazonとコンタクトを取ることは非常に困難で解決策を導き出すには至っていません。

By Ben Mortimer

なお、Amazonはこの問題に対して「我々はシアトル地区の多数の非営利団体と協力してホームレスに雇用機会を提供する機会を設けました。このプログラムはまだ初期段階にありますが、これは見込みのあるプログラムであると信じています」とコメントしています。

・関連記事
Amazon倉庫で身分を隠して働いた記者が語る「過酷な労働環境」とは? - GIGAZINE

Amazonが倉庫ロボット1万5000台を導入し最大1000億円の人件費削減へ - GIGAZINE

Amazonの倉庫で働くときの知られざるルール10か条 - GIGAZINE

Amazonで買い物した合計金額を調べる方法を試して知る衝撃の事実 - GIGAZINE

131

in メモ, Posted by logu_ii