ギネス級世界最速の文字入力アプリ「Fleksy」日本語版の提供がスタート


ギネス級の文字入力スピードを誇る「世界最速」の文字入力アプリFleksyの日本語版が2016年1月21日(木)11時にリリースされました。このアプリでは従来の「QWERTY入力」に加え、日本語独自の入力方法であるフリック入力が日本語向けに新たに実装されており、従来のFleksyが可能にしていたスピードを日本語環境でも無料で利用できるようになっているとのことです。

世界最速スマホ文字入力アプリ「Fleksy」の日本語版を開発! ~スワイプするだけで誤入力を自動補正~ | | 株式会社KDDI研究所
http://www.kddilabs.jp/press/2016/0121.html

Fleksy + GIF Keyboard - Google Play の Android アプリ

Fleksyは、独自の「ジェスチャー操作UI」により、スマートフォンでの文字の誤入力を画面スワイプだけで簡単に自動補正することができるアプリです。文字入力を誤っても正確な単語へ変換することができるため、高速な文字入力を実現できるほか、スマートフォンでの文字入力に自信の無い人や、視覚障がい者の人などの正確な文字入力をサポートすることができるとのこと。

日本語版Fleksyで文字を入力している様子は以下のムービーで見ることができます。

Fleksy KDDI Japanese Promo3 - YouTube


文字を入力したものの、「どんなにミスしてもしゅいswいできry」と、もうちょっと落ち着いたほうがいい感じで入力してしまったとしても……


何事もなかったかのように「しゅいswいできry」が「修正できる」と変換されました。


さらに「せいかかさめ」と、これで正しい文章を判読できたらすごいレベルの入力でも……


「正確さも」と、こともなげに変換されてしまいました。このように、日本語版Fleksyではフリック入力に対応しつつ、高い自動補正機能が搭載されているようです。よく見れば、入力画面がフリック入力になっているのもポイントです。


このアプリは、FleksyとKDDI研究所が共同で日本語向けに開発を行ったもので、「世界最速」の性能を日本語環境でも使えるように開発が進められたとのこと。プレスリリースにはこのアプリについて「『Fleksy』の先進的なUIを活かしながら、従来実装していた『QWERTY入力』に加え、日本語独自の入力方式である『フリック入力』に対応しました。また、KDDI 研究所が有する文字入力や自然言語解析の技術を活用し、日本語入力に対応した『ジェスチャー操作UI』と『誤入力自動補正機能』を実装しています」と説明されています。

2014年には、ブラジル人青年のマルセル・フェルナンデス・フィーリオさんが、Samsung Galaxy S4とFleksyを使って文字入力スピードの記録に挑み、18.19秒というギネス記録を樹立しています。その時の様子は以下のムービーで見ることができます。

Fleksy Keyboard Breaks the Guinness World Record for Fastest Texting - YouTube


なお、今回のリリースはAndroid向けのみとなっており、iOS版アプリのリリースについては現在検討中とのことです。

・関連記事
目にも止まらぬ速さで行われる「世界最速」の技・動物・観覧車などいろいろまとめ - GIGAZINE

目の動きだけでキーボードからの文字入力やマウスのクリック操作を可能にする「OptiKey」 - GIGAZINE

Googleが絵文字入力もできる手書き入力アプリをリリースしたので実際に使ってみた - GIGAZINE

346

in モバイル,  ソフトウェア, Posted by logx_tm