AppleがLEDによる超高速通信「Li-Fi」への対応をiOSで準備中か


iOS 9.1のコード内から、現時点では未対応のはずのLi-Fiの存在を示す文字列が見つかったことが話題になっています。今のところ、Li-Fiは「近い将来、実用化が期待される超高速通信技術」ですが、Appleも対応を進めているようです。

iOS code shows Apple experimenting with ultra fast, light-based Li-Fi wireless data for future iPhones
http://appleinsider.com/articles/16/01/18/ios-code-shows-apple-experimenting-with-ultra-fast-light-based-li-fi-wireless-data-for-future-iphones


きっかけは、Twitterユーザーの以下のツイート。これはiOS 9.1のコードなのですが、青色でハイライトされた部分に「LiFiCapability」という文字が含まれているのがわかります。


「Li-Fi」というのは赤・緑・青の3色の「Micro LED」を使った超高速通信技術。2013年10月時点で3.5Gbpsでのデータ転送に成功しており、将来的には10Gbpsでの通信も可能。

LEDの光を使った超高速通信「Li-fi」で将来的には10Gbpsの通信が可能に - GIGAZINE


現時点ではまだ実用化はされておらず実験段階ですが、インドのVelmenniという会社ではすでにテストを開始しているとのこと。AppleがすでにiOS搭載端末の一部で何らかのテストを行っているのかは明らかではありませんが、対応に向けた取り組みは行っているようです。

ちなみに、従来のWi-Fiだと同一空間に接続端末が大量に存在すると通信の干渉が発生しますが、Li-Fiは干渉なしで使えるという利点があるため、Wi-Fiよりも便利に活用されるのではないかと予想されています。

Could Li-Fi be the new Wi-Fi? - BBC News
http://www.bbc.com/news/technology-34380428

BBCがLi-Fiの開発者であるハラルド・ハース教授にインタビューした映像がコレ。


この映像の中にちらっと出てきている、Li-Fiを用いて通信する様子を示した映像はYouTubeで見ることができます。

LiFi: What is it? - YouTube


そして、実際にLi-Fiを用いているところも公開されています。

pureLiFi Li-Flame User Experience 1 - YouTube


この女性が用いているノートPCはいま、Li-Fi通信中。


頭上にあるLEDとの間で通信が行われているとのこと。無線通信と同じく、目には見えないのでさっぱりわかりませんが……。


スマートフォンやタブレット、ノートPCなどが「Li-Fi対応」になるのは、そう遠い日のことではないかもしれません。

pureLiFi The Home of LiFi - pureLiFi
http://purelifi.com/

・関連記事
LEDの光を使った超高速通信「Li-fi」で将来的には10Gbpsの通信が可能に - GIGAZINE

お買い得情報や商品の位置をLEDによる可視光通信で通知するシステムをフィリップスが開発 - GIGAZINE

見えないはずのWi-Fiや無線LANの電波をLEDライトで徹底的に見えるようにするとこうなる - GIGAZINE

192

in ソフトウェア, Posted by logc_nt