シューティングファン待望の名作が復活し完全新作モード搭載の「ダライアスバースト クロニクルセイバーズ」をサクッとプレイしてみました


1986年にタイトーのアーケードゲームとして初めて登場したシューティングゲームの「ダライアス」シリーズの「ダライアスバースト アナザークロニクル」と「ダライアスバースト アナザークロニクル EX」が、完全新作である「CSモード」を搭載してPlayStation Vita・PlayStation 4・Windowsに「ダライアスバースト クロニクルセイバーズ」として帰ってきます。今回はオンラインストア「キャラアニ」「ブックウォーカー」「ebten」でのみ限定発売予定の「PS Vita版ダライアスバースト クロニクルセイバーズ」を入手したので、実際にプレイしてみました。

ダライアスバースト クロニクルセイバーズ オフィシャルサイト
http://darius.jp/dbcs/

オンラインストア限定版のダライアスバースト クロニクルセイバーズ。


5.2インチのNexus 5Xと並べてみると、パッケージの大きさがわかります。


パッケージの裏にはゲーム概要が記載されており、ダライアスバースト クロニクルセイバーズはアーケード版を完全移植した「ACモード」と、オリジナル新作の「CSモード」を搭載しているとのこと。


パッケージを開けてみます。


中には「PS Vita版ダライアスバースト クロニクルセイバーズ」「DRIUS ODYSSEY 公式設定資料集 CA ver.」「オリジナルアレンジアルバム CD」が入っていました。


公式設定資料集は全175ページでボリューム満点。


「DRIUS ODYSSEY 公式設定資料集」にカラー8P、モノクロ8Pの新規16Pが追加されたのが公式設定資料集です。


ステージやキャラクターのラフスケッチのほか、海老川兼武氏の描き下ろし新ボスイラストや、藤丸あお氏描き下ろしの「WARNING!!ダライアスさん」が収録されており、ファンにはたまらない一冊。


ZUNTATAと4名の豪華ゲストアレンジャーが参加したオリジナルアレンジアルバムは、12曲が収録されています。


限定アイテムをじっくりと見たところで、ダライアスバースト クロニクルセイバーズをプレイしてみます。


PS Vitaを起動したら「はじめる」を選択。


ゲーム起動直後にはダライアスの名機たちが登場します。


オートセーブ中に電源を切ったり、アプリケーションを終了すると、きちんとセーブされない可能性があるので注意が必要です。


ダライアスバースト クロニクルセイバーズはオンラインに対応していて、ネットワークに接続していないとランキングなどの一部機能が使用できません。


ダライアスバースト クロニクルセイバーズは、アーケード版の完全移植である「ACモード」とオリジナル新作の「CSモード」を搭載しており、まずはCSモードをプレイしてみます。


ゲーム開始時は「Oruriba」というエリアのみプレイ可能。


エリアを決めたら、機体にアイテムが最初から設定されている「Preset」か、プレイヤーがアイテムなどを設定できる「Select」から選択。ただし、ゲーム開始時は「Preset」のみ選択できます。


どんな機体が入っているのか「Select」から確認してみると、「Murakumo(ムラクモ)」という新機体を発見。しかしながら、150万ポイント必要とのことで、今は使ってみたい気持ちを抑えて我慢我慢。


「Oruriba」をプレイしているムービーは以下から確認可能です。

「ダライアスバースト クロニクルセイバーズ」のCSモードでエリア「Oruriba(αゾーン)」をプレイ - YouTube


機体を選択するとゲームのスタート。操作方法は「□ボタン」押しっぱなしで、ショット(対空攻撃)とボム(対地攻撃)を発射します。


赤や緑、黄色などの色が付いた敵を倒すと、パワーアップのアイテムをドロップ。例えば、赤色のアイテムを取ると……


ショットが2連から3連にパワーアップ。なお、アイテムは赤(RED-ITEM)がショットレベルを、緑(GREEN-ITEM)がボムレベルを、青(BLUE-LEVEL)がアームレベル(耐久力)をパワーアップしてくれるので、積極的に取りに行くべきですが、欲望に負けるとサクッとやられてしまうことがあります。


「×」ボタンを長押しすると、画面左下にあるゲージを消費して強力なビーム「バースト」を発射可能。バーストを使用するとバーストゲージが減少してしまいますが、「敵を攻撃する」「弾を当てる」「敵の弾を消す」ことでゲージを溜めることができます。


また、「×」ボタンをすばやく2回押すと、強力なビームを放つバーストパーツを空中に設置することができます。設置バーストはバーストビームよりもバーストゲージの消費が少なく、長時間の攻撃が可能です。ショットボタンを押している間だけ発射方向が固定され、ショットボタンを放すとバーストビームの発射方向が回転し、うまく操作して狙い撃ちすると快感を得られます。


画面にわんさかと現れる敵を倒し……


空から降り注ぐ光線をよけて……


「WARNING!!」と表示されたらボス戦の始まりです。


最初のエリアでは、新ボスであるカニ型の巨大戦艦が待ち構えていました。


カニ型の巨大戦艦は大きなツメを振り回したりしながら画面を縦横無尽に移動。


足の先から強烈なビーム(バースト)を発射してきたりもします。なお、的がバーストを使う瞬間にビームを受ける位置でバーストを使うと、強力なカウンタービームを発射するのですが、今回は失敗に終わってしまいました。


弾丸やビームをよけるのに必死になりながら何とかクリアしました。


Oruribaの最初のステージ(αゾーン)をクリアすると、次のステージへと進んでいきます。


次のステージであるβゾーンやγゾーンをプレイしている様子は以下のムービーから確認可能です。過去作にも登場したボスが出てくるので、昔からのファンの人は懐かしい気分になるかも。

「ダライアスバースト クロニクルセイバーズ」のCSモードでエリア「Oruriba(βゾーン)」をプレイしてみました - YouTube


「ダライアスバースト クロニクルセイバーズ」のCSモードでエリア「Oruriba(γゾーン)」をプレイ - YouTube


なお、Oruribaの全てのゾーンをクリアすると……


プレイできるエリアが追加されました。エリアによって、ゾーンを攻略する「オリジナルモード」、敵の波状攻撃から味方を守る「ディフェンダー」、エリアクリアまでの時間が記録される「スクランブル」という3つのミッションモードのどれか1つが設定されていて、選択できる機体やルールなども異なり、ただ倒すだけではない遊び方ができるのもうれしいところです。


CSモードをサクッとプレイしたところで、今度はアーケード版を完全移植した「ACモード」をプレイしてみます。


タイトルが表示されたら、何らかのボタンを押します。


ACモードには、ゾーンクリアを目指す「オリジナル」、さまざまなミッションをクリアしていく「クロニクルモード」、難易度が高い「オリジナルEXモード」、公式で開催される予定の「イベントモード」があり、今回は「オリジナルモード」をプレイ。なお、クロニクルモードには、なんと3000以上のステージが収録されているというから驚きです。


プレイがあまり上手でないため、機体のストックが減らず何回死んでもゲームオーバーにならない「残機無限エントリー」でプレイしてみます。


ゲームの難易度は「EASY」を選択。


機体を選んだらゲームのスタートです。


「ダライアスバースト クロニクルセイバーズ」のACモードでEASYの「ZONE A」をプレイしたムービーは以下から確認可能です。

「ダライアスバースト クロニクルセイバーズ」のACモードでEASYの「ZONE A」をプレイ - YouTube


アーケード版の移植ということもあり画面は横長。


操作方法はCSモードと全く同じ。以前にプレイしたことがある人は懐かしい気分に浸れます。


「WARNING!!」と表示されたらボスとのバトル開始。


最初のボスはシーラカンス型戦艦のキングフォスルです。ボスを倒すと次のゾーンへ進みます。


EASYモードをプレイした後にHARDモードに無謀にもチャレンジしてみました。

「ダライアスバースト クロニクルセイバーズ」のACモードでHARDの「ZONE C」をプレイ - YouTube


「ダライアスバースト クロニクルセイバーズ」は2015年1月14日に発売予定で、PS Vita通常版が税抜5800円、ダウンロード版(発売日は1月15日)が4800円、今回レビューしたショップ限定版が9800円。また、PS4およびWindowsはダウンロード版のみの発売となっており価格は税抜6800円となっています。

また、「ダライアスバースト クロニクルセイバーズ」のオリジナルサウンドトラックが販売中で、さらに、2016年2月24日には「ダライアスバースト」シリーズのメインコンポーザーである土屋昇平のソロアルバムが発売予定とのことです。

ZUNTATA OFFICIAL SITE "Z-Field" - ZTTL-0076 ダライアスバースト クロニクルセイバーズ オリジナルサウンドトラック
http://zuntata.jp/lineup/zttl0076.html


ZUNTATA OFFICIAL SITE "Z-Field" - ZTTL-0077 ZUNTATA RARE SELECTION "SHOHEI TSUCHIYA" WORKS
http://zuntata.jp/lineup/zttl0077.html


(C) TAITO CORPORATION 1986, 2015 ALL RIGHTS RESERVED.
Developed and Published by CHARA-ANI CORPORATION.
(C)TAITO CORP. 2016 All rights reserved.
(C)ボルテージ
"WizardryR" of GMO Gamepot Inc. All rights reserved.Licensed by GMO Gamepot Inc. to TAITO CORPORATION."Wizardry Renaissance(TM)" (C)2009 GMO Gamepot Inc. All rights reserved.
(C)2011 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. 

・関連記事
「ダライアスバースト アナザークロニクルEX」残機無限エントリーを4人でプレイ - GIGAZINE

伝説復活、「ダライアスバースト アナザークロニクル」試遊ムービー - GIGAZINE

「ダライアス」「斑鳩」などのシューティングゲームに登場する架空の戦闘機など - GIGAZINE

ゲーマーなら知っておきたいゲーム音楽における10人の名作曲家 - GIGAZINE

ゲームの「音屋さん」になるための心得、タイトー「ZUNTATA」インタビュー - GIGAZINE

in レビュー,   動画,   ゲーム, Posted by darkhorse_log