台風で傾いた郵便ポストが可愛らしいと台湾の人気スポットに


まるで首を傾げたような姿となった2つのポスト。この変哲のない鉄の塊に、興味を抱いたのが台湾の人たちでした。可愛らしいという評判から、台北の人気スポットに。そんなニュースの真相を確かめるべく、実際に現地へと足を運んでみました。

こんにちは、台湾を満喫していた自転車世界一周の周藤卓也@チャリダーマンです。台風から4ヶ月経った2015年12月に訪問したのですが、それでも、ポストは曲がったままでした。愛嬌のあるその姿には、思わず頬も緩みます。

◆普通の郵便ポスト
街なかに、赤と緑の2本1組のポストが置かれています。


鉄道駅の構内にも。


空港には、赤と緑が1本となったポストがありました。


◆気になる場所は
目的のポストは、グーグルマップだとここ。


住所は「台北市中山區龍江路104号」となっています。MRT(地下鉄)だと「南京復興駅」が最寄り駅。セブン-イレブン龍京店の前にポストがあります。

セブン-イレブンの看板と104号という表示。


このような感じで、セブン-イレブンの前に2つのポストが並んでいます。


歩道の端に設置されていたポスト。


◆曲がった郵便ポスト
台湾で曲がったポストが大人気 台風で看板直撃 - 産経ニュース
http://www.sankei.com/world/news/150810/wor1508100035-n1.html

台風13号の強風で飛ばされた看板が直撃して曲がった台北市内の郵便ポストが「かわいい」と大人気になっている。

と、台風13号が台湾を襲ったのが事の発端です。

絶妙な角度で、首を傾げています。日本でもニュースとなったので、覚えている方もいるでしょう。


歩道から道路を見ると、少し前かがみになっていて、ちょっと雰囲気が違っていました。


角度を変えて見てみます。


やはり曲がっているポスト。


ポストの底をのぞいてみると、分厚い鉄板が波打っていました。看板がぶつかった衝撃の強さが伝わってきます。


地面の土台にも、強い力が加わっていたようで、曲がっていました。


「中山區郵遞區號104」はポストの識別番号でしょうか?


赤いポストは「航空郵件(AIRMAIL)」「限時郵件(PROMPT DELIVERY)」と書かれてあり「航空便」と「速達」という意味。


緑のポストは「其他地區(OUTGOING)」「台北市(LOCAL)」と書かれており、国内普通郵便の「市外」と「市内」という意味。


4つの区分があることから、ポストは2つ1組で立っています。

◆写真を撮ってみた
写真を撮っていく人はいますが、既にブームは過ぎ去ったようで、ポストの周りに誰もいなくなることもありました。ポストを観に来ていた人にお願いして、写真を撮ってもらいます。

とりあえず支えてみた。


寄りかかって。


一緒に首を傾げてみたり。


ドラゴンボールを見て育った日本男子として、絶対にやりたかったのが「かめはめ波」のポーズ。


画像を加工すると、何だかそれらしい光景となって満足。


もちろん普通のポストとして機能しています。やってきた地元の人は、淡々とした表情で、郵便物をポストに入れていました。写真を撮る時は、邪魔にならないように気をつけましょう。

◆台湾の人たちは
台湾では、この曲がったポストのことを「歪腰郵筒」とか「微笑郵筒」と呼んでいるようで、Twitterで検索してみると以下のような反応が見られました。









◆日本の人たちも
日本人の訪問客も結構いるみたいです。





ちょっとほっこりなれるポストが、台北の街なかにありました。

(文・写真:周藤卓也@チャリダーマン
自転車世界一周取材中 http://shuutak.com
Twitter @shuutak)

・関連記事
台風情報と各地の災害情報をブラウザ上で視覚的にわかりやすく表示する「台風リアルタイム・ウォッチャー」 - GIGAZINE

異様にぬるぬる動く台風など「ひまわり8号」がどれだけパワーアップしたかがよくわかるムービーいろいろ - GIGAZINE

台湾の夜市で1300円出せば12品飲み食いする事ができる - GIGAZINE

台湾を席巻し「マンゴーかき氷ブーム」を生み出した元祖「ICE MONSTER」に打ちのめされました - GIGAZINE

世界一「深い」場所にあるポストからお手紙を出す方法とは - GIGAZINE

六本木ヒルズに実際に投函できる巨大ポストが登場 - GIGAZINE

紙飛行機の形にデザインされた封筒セット「flying letter」 - GIGAZINE

実際にポストに投函できる伝書バト型レターセット「LWA Pigeon Post」 - GIGAZINE

114

in 取材, Posted by logc_nt