SoftBankが新サービス「ソフトバンクでんき」&電気もまとめる「おうち割」発表


ソフトバンク株式会社が電力小売り自由化にともない新電力サービス「ソフトバンクでんき」を2016年4月1日から開始することになりました。これにともない、スマートフォン&インターネット&電気をまとめたセット割引サービス「おうち割」の内容も一部明らかになっています。

ソフトバンクのでんきはじまります | ソフトバンク
http://www.softbank.jp/energy/electricity/

ソフトバンクにまとめるとおトク!「おうち割」を2016年1月提供開始 | 個人のお客さまへのお知らせ | お知らせ | モバイル | ソフトバンク
http://www.softbank.jp/mobile/info/personal/news/cm_campaign/20151224a/

◆ソフトバンクでんき
ソフトバンクでんきは東京電力と業務提携して「スタンダード(S/L/X)」「バリュープラン」「プレミアムプラン」の3種類のプランを、2016年4月1日より東京電力エリア、中部電力エリア、関西電力エリアでサービス開始予定。順次、サービスエリアを拡大するとのこと。


各プランの内容は、スタンダードSが60アンペアまでのアンペアブレーカー契約、スタンダードLが6kVA以上の契約、スタンダードXがスマートメーターによって計測された30分ごとの使用電力量を使って過去1年の使用実績から基本料金を決定する契約。バリュープランは東京電力との共同プランで、電力量料金が300kWhまで定額、300kWhを超えると割安になる、使用料が多い人向けのプラン。プレミアムプランは電力量料金が400kWhまで定額、400kWhを超えると割安になる、使用料が多い二世帯住宅など向けのプランとなっています。

また、ソフトバンクでんきの利用料金はSoftBankの通信サービスとの合算払いが可能で、東京電力との提携プランでは支払い額に応じて1000円につき5ポイントのTポイントが付与されます。

ソフトバンクでんきの申し込み受付は2016年1月28日から開始されます。

◆おうち割
ソフトバンクでんきと、携帯電話やインターネットをまとめて契約する割引プラン「おうち割」を発表しました。

・おうち割 でんきセット
ソフトバンクでんきとSoftBank携帯電話またはSoftBank 光などの固定通信サービスをセットで契約すると、携帯電話・固定通信サービスの利用料金から月額で割引が受けられます。割引額はスタンダード(S/L/X)が100円/月、バリュープランが200円/月、プレミアムプランが300円/月となっており、対象となる携帯電話の料金プランはスマ放題、スマ放題ライト、ホワイトプラン、対象となる固定通信サービスはSoftBank 光、SoftBank Air、Yahoo!BB ADSL、Yahoo!BB バリュープラン、SoftBank ブロードバンド ADSLとなっています。

なお、一戸建て3人世帯かつ全員がSoftBank携帯電話利用という家庭で1カ月あたりの平均電気使用量が392kWhの場合で、バリュープランを選択するという、おうち割 でんきセットのモデルケースはこんな感じ。

東京電力エリアの場合


中部電力エリアの場合


関西電力エリアの場合


なお、家族で複数台の携帯電話を利用している場合でも、この特典が適用されるのは1回線のみであることには注意が必要です。さらに、携帯電話と固定通信サービスの両方を契約している場合でも、割引はどちらか一方のみに適応される点にも注意が必要です。

おうち割 でんきセットの申し込み受付は2016年1月28日より開始され、サービス提供は2016年4月1日からが予定されています。また、現在提供中の「スマート値引き」は2016年1月28日から「おうち割 光セット」に名称を変更され、おうち割サービスの一形態となるようです。

◆ギガ学割
また、新たな学割サービス「ギガ学割」も開始します。提供条件は、スマ放題/スマ放題ライト(基本プラン+専用2年契約+データ定額パック)または、ホワイトプラン+パケット定額サービスに加入することとなっています。


ヤバい!この学割!ギガ学割 | 特集 | モバイル | ソフトバンク
http://www.softbank.jp/mobile/special/gakuwari/

ギガ学割は25歳以下のユーザーが特典を得られるサービスで、以下の2種類の中から選択する方式です。

1:割引
割引プランを選択すると、ホワイトプランの月額基本料1008円36カ月分(最大3万6288円分)もしくはスマ放題1620円の24カ月分(最大3万8880円分)の割引を受けられます。

2:パケット増量
パケット増量プランを選択すると、月当たりの高速通信容量を3GB、最大36カ月分、合計108GB分の高速通信容量アップを受けられます。

ギガ学割の申し込み期間は、2016年1月15日から2016年5月31日までとなっています。

◆2015/01/12 20:30 追記
当初、3GBのデータ増量をうたっていたギガ学割が、発表当日中に6GB増に変更されました。この背景に、くしくも同じ日にauが発表した新学割の25歳まで5GBプレゼントがあることは明らかです。ただし、SoftBankのギガ学割のデータ容量プレゼントは3年間に限られるので、単純に容量で勝ったのみでサービスで上回っているかどうかは意見が分かれそうです。

SoftBank、「ギガ学割」の特典を毎月3GBから6GBへ拡大! 合計200GBに! | ソフトバンク株式会社 | グループ企業 | 企業・IR | ソフトバンクグループ
http://www.softbank.jp/corp/group/sbm/news/press/2016/20160112_04/

・関連記事
ソフトバンク&ワイモバイルの2015年冬春新商品発表会まとめ、Nexus 6Pの独占販売が明らかに - GIGAZINE

「Nexus 6P」速攻ムービー&フォトレビュー、ソフトバンクが独占販売するGoogleスマホはどんな端末なのか? - GIGAZINE

ソフトバンクが感情を持つロボット「Pepper」を発表 - GIGAZINE

97

in モバイル, Posted by logv_to