Steamの2015年売上など複数データが明らかに、2015年最も売れたゲームはどれ?

By Global Panorama

PCゲームのダウンロード販売プラットフォーム「Steam」は、2015年になんと3000以上の新作ゲームを取り扱い、3億5000万本ものゲームをユーザーに販売したそうです。そんなSteamの売上などの数値を収集している「Steam Spy」が、2015年のSteamの販売実態を詳細なデータを使って明らかにしています。

Steam sales in 2015 — Steam Spy — Medium
https://medium.com/steam-spy/steam-sales-in-2015-2e81a6bb0f5a#.gb7jmf70c

以下のグラフは月々のリリースタイトル数をまとめたグラフで、縦軸がリリースタイトル数、横軸がリリース月を示しています。2012年はほとんどタイトル数の増減が見られなかったのですが、2013年から一気にその数を増やしていき、2015年7月にはひと月で300以上のタイトルをリリース。その後は数字が250から300の辺りで留まっていますが、PS4のタイトル数が2015年11月5日の時点で500作品なので、この数値と比べるとSteam上でどれだけ多くのゲームがリリースされているのかがよく分かります。


次のグラフは月ごとのSteamの売上と販売タイトル数を示すグラフで、縦軸が売上/タイトル数、横軸が月を表しており、緑線が売上、青線が販売タイトル数を示します。以下のグラフを見ると分かる通り、Steamで最も多くゲームが売れるのは12月で、次点が4月。4月の売上が好調だった背景には人気タイトルである「Grand Theft Auto V」などがこの月にリリースされたから、とSteam Spy。


以下の画像はSteam上で販売されているタイトルの平均価格を青線、タイトルの割引率を赤線で記したグラフで、縦軸が価格、横軸が月を示しています。グラフによると最も割引率が高い月が12月となっており、Steamでゲームを購入するならば12月が特にオススメな月であることが分かります。逆に、2015年4月は割引率が低いにも関わらず多くのゲームが売れていた、ということでSteamにとってはウハウハな月だったのかもしれません。


以下の表はSteamの月ごとの販売タイトル数(Copies)、売上(Revenue)、平均価格(Avg.price)、平均割引率(Avg.discount)を記したもの。なお、以下のグラフの売上や販売タイトル数には無料ゲームやダウンロードコンテンツ(DLC)の売上は含まれていません。最も売上の高い2015年12月は、なんと4億3600万ドル(約520億円)を売り上げており、2015年の4月から12月までの合計は29億4700万ドル(約3500億円)となっています。


月々で最も売れたゲームタイトルトップ10をまとめた表が以下のもの。4月はとにかく圧倒的にGrand Theft Auto Vが売れまくっており、11月はFallout 4が他を圧倒。ランキング上位になるゲームはどれもSteam全体で見ると少数派な高額ゲームばかりというのが特徴です。


そして最後は2015年4月から12月までの売上トップ20(左)と、このデータを基に予測した2015年の年間売上トップ20(右)。2015年にSteam上で最も多くの売上を稼いだのはGrand Theft Auto V、次にFallout 4、3番目にMETAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN。トップ2がとにかくずば抜けた売上を記録しており、他を圧倒しています。

・関連記事
ゲーム配信サービス「Steam」で間違って購入した場合どうすればいいのか - GIGAZINE

次世代の据え置き型ゲーム機「Steam Box」とは何かがわかるまとめ - GIGAZINE

ゲームを各国言語に翻訳するローカライゼーションは本当にやる価値があるのか? - GIGAZINE

一夜にして大金を稼いだゲームクリエイターたちが抱える苦悩 - GIGAZINE

大砲・炎・爆弾など何でもありの攻城兵器を自分で作って破壊しまくるゲーム「Besiege」をプレイしてみた - GIGAZINE

100

in ゲーム, Posted by logu_ii