スピルバーグやタランティーノ監督などが協力した次世代8mmフィルムカメラ「Super 8 Camera」をコダックが発表


世界最大の写真用品メーカーであるコダックが、ハリウッド有名監督などの協力のもと、アナログとデジタルを融合させた「次世代のクリエイターのためのカメラ」として新型8mmフィルムカメラ「Super 8 Camera」をCES 2016で発表しました。

Kodak Super 8 Camera | Kodak
http://www.kodak.com/ek/us/en/Consumer/Products/Super8/default.htm


これがコダックの次世代8mmフィルムカメラ「Super 8 Camera」。


デジタルの利便性とアナログの利点を組み合わせた設計になっており、「創造性」に重点を置いているとのこと。


世界最高の機械製作者と、ハリウッドの大手映画監督の協力を得て、「次の世代のクリエイター」のための設計とデザインになっています。


音声は専用のマイクを通じて録音可能。


デジタルビューファインダー搭載で、デジタルとアナログが融和した設計であることがわかります。


SDカードスロット・USB・HDMIなどを搭載しており、その他のデバイスに接続したり、アーカイブしたりすることが可能。


ピストルグリップはレザー張りで、見た目だけでなく快適性の向上に貢献しています。


カラーはブラックとホワイトの2色。価格は400ドル(約4万7000円)~750ドル(約8万9000円)ほどになる、とWSJが報じています。


デジタルが主流となった中、アナログフィルムカメラによる撮影は簡単とは言えないそうですが、コダックのラボで撮影済みフィルムのデジタルスキャンを作成するサービスも行うそうです。


なお、Super 8 Cameraの製作を支援したハリウッド大手監督は、スティーブン・スピルバーグ、クエンティン・タランティーノ、クリストファー・ノーラン、J.J.エイブラムス、スティーブ・マックィーン、ジェフ・ニコルズ、アレックス・ロス・ペリーとのことです。

Spielberg, Tarantino, Nolan and More are Supporting Kodak | Indiewire
http://www.indiewire.com/article/spielberg-tarantino-nolan-and-more-are-supporting-kodaks-super-8-filmmaking-initiative-20160105

・関連記事
SF映画「Super 8」予告編が違う意味ですごい、全米の映画ファンたちが全力謎解き中 - GIGAZINE

クエンティン・タランティーノ監督最新作「ヘイトフル・エイト」予告編ついにYouTubeで公開中 - GIGAZINE

古いカメラを子どもに使わせたらどんな反応を見せるのか? - GIGAZINE

インスタントカメラなのにレンズ交換式、長時間露光撮影や自撮りにも対応したクリエイティブすぎる「Lomo’Instant White」を使ってみた - GIGAZINE

生誕60周年を迎えた「ライカMシステム」の歴代モデルがわかるタイムライン - GIGAZINE

コダックが約442億円でデジタル写真処理の特許などを売却、その背後にはApple・Google・Microsoftなど - GIGAZINE

30年以上前に登場した世界初のデジタルカメラ - GIGAZINE

729

in ハードウェア, Posted by logw_ny