自転車に乗りながら通知・経路案内・走行データなどを表示できるサングラス「Varia Vision」がGarminから登場


GPSナビ端末やドッグマーカーなどの製造・販売メーカーであるGarminが、サングラスに取り付けて後方から接近する自動車の情報・走行速度・スマートフォンの着信やSMSなどの通知を表示できるGoogle Glassのようなサイクリスト向けのインサイトディスプレイ「Varia Vision」を、CES 2016で発表しました。

Garmin | Edge
http://explore.garmin.com/en-US/edge/#varia

Introducing the Varia Vision™ wearable in-sight display from Garmin® » Garmin Blog
http://garmin.blogs.com/my_weblog/2016/01/introducing-the-varia-vision-wearable-in-sight-display-from-garmin-.html

Introducing the Varia Vision™ Wearable In-Sight Display from Garmin® | Garmin Newsroom
http://newsroom.garmin.com/press-release/ces-2016/introducing-varia-vision-wearable-sight-display-garmin

「Varia Vision」を使用するとどのようなサイクル体験が可能なのかは、以下のムービーを見るとよく分かります。

Heads Up with Varia Vision - YouTube


スポーティないでたちのサイクリスト。


装着しているディスプレイ搭載のサングラスがVaria Visionです。


ディスプレイはサングラスの右側に配置されています。レンズに投影するARディスプレイではなく、のぞき込むように見るインサイトディスプレイとなっています。


自転車走行中の速度・距離・時間などの走行データや……


スマートフォンと連携させて通知を確認することも可能。


表示画面は右側のつるにあるボタンをスワイプすると切り替わるとのこと。


「○○フィート先の××通りを右へ」のようにして、移動しながら経路を表示して「ナビゲーション」としても使えます。


走行速度をメーターなどで表示する「グラフィックデータ」や……


「Variaレーダー」の機能により、後方から自動車などが接近すると、ディスプレイの右端に接近を知らせるゲージが出現します。


なお、Varia Visionはあくまでインサイトディスプレイが本体であり、既存のサングラスに取り付けて使用可能で、左右のどちらでも好きな方に取り付けられます。また、バッテリーは約8時間駆動するとのこと。2016年第一四半期(1月~3月)内に出荷が開始される予定で、価格は399.99ドル(約4万7000円)です。

・関連記事
「新型Google Glass」はディスプレイのないヘッドマウンド型デバイスか? - GIGAZINE

衛星経由でSOSメッセージを送信できるGPSロガー「SPOT」フォトレビュー - GIGAZINE

スマホを自転車ロックの鍵として使う「LOCK8」はGPS・振動センサー搭載で盗難にも対応 - GIGAZINE

衛星なしで使えるGPSナビをDARPAが開発 - GIGAZINE

世界初のスマホ連携するスーツケース「Bluesmart」、GPSと3G通信で居場所追跡・デジタルロック・離れるとアラート・ノートPCの出し入れ容易・取っ手で重さ計測 - GIGAZINE

栓抜き・着火機能・GPSまでついた多機能すぎるベルト「Survival Belt」 - GIGAZINE

モノのインターネットで実現する安全や「国産GPS」「はやぶさ2」など実はすごい技術が光るNECのCEATECブース - GIGAZINE

384

in ハードウェア,  乗り物,  動画, Posted by logw_ny