iPhone操作で蹴らなくても勝手に進む電動スケボー「ACTON Blink」


こがなくても勝手に進む電動ローラースケート「RocketSkates」のメーカーであるACTONが、iPhoneアプリでコントロール可能な電動スケートボード「Blink」を発表しました。実際に電動スケートボードに乗って操作しているムービーも公開されています。

ACTON Home
http://www.actonglobal.com/

「Blink」に乗っている様子は以下のムービーを見るとよくわかります。

ACTON Blink [Sneak Peak] - YouTube


一見すると普通のスケートボードに乗っている男性ですが……


手元にリモコンを持っており、地面を蹴っていないにもかかわらず、スケートボードが推進力を得ています。iPhoneアプリから操作することも可能とのこと。サイズは26.5インチ(約67.31cm)で、一般的なスケートボードとペニースケートボードの中間くらいと発表されています。


スケートボードパークでちょっとしたトリックをキメることも可能です。テールやノーズ(前後の反りかえり)がないため、ジャンプなどの高度なトリックはできませんが、モーターを搭載しているわけなので、それは仕方なさそう。ムービーでは男性がしゃがみながら運転していることが多いのですが、恐らく立っているとボードの加速に対してバランスをとるのが難しいためと思われます。


裏側から見ると、ボードの中央に電動モーターが取り付けられているのがわかります。大きすぎないサイズなので、肩からヒモにぶら下げて持ち運ぶこともできるようです。


なお、以前レビューした電動ローラースケート「RocketSkates」も、加速に合わせてバランスを取るのが難しく、従来のローラースケートとは全く異なる操縦方法を会得する必要があったため、「Blink」も普通のスケートボードとは異なる操縦方法になっているのかもしれません。

・関連記事
電動ローラースケート「RocketSkates」に乗りスイーっと実際に滑ってみた - GIGAZINE

最高時速20kmの誰でも簡単に操縦できる電動スケボー「Onewheel」 - GIGAZINE

世界初の電動F1「フォーミュラE」北京がスタート、レースの様子を速攻レポ - GIGAZINE

スマホと連携する電動バイク「テラモーターズ A4000i」に試乗してきました - GIGAZINE

世界初のモーター内蔵ホイールで最高時速38kmの電動スケボー「The Monolith」 - GIGAZINE

リュックにスッポリ入る本当のポータブル電動自転車「Impossible」 - GIGAZINE

132

in ハードウェア,   乗り物,   動画, Posted by darkhorse_log