特定のフォントを使っているサイトをリストアップしてくれる「FontReach」

by paulgalbraith

ネット上のトップサイトの中で最も使われているフォントは何か?ということで、フォントの名前で検索すると、そのフォントを使っているサイトをリストアップしてくれるのが「FontReach」です。「SNSでよく使われているフォント」「日本語サイトでよく使われているフォント」など、ウェブサイトで使われているフォントの傾向なども分かるようになっています。

FontReach
http://www.fontreach.com/


ということで、まずはGoogleが無料で提供している「Open Sans」を使っているサイトを調べてみます。トップページのテキスト欄にOpen Sansと入力すると……


候補がずらりと表示されました。


Open Sansは19万以上のサイトで使われていて、利用ランキング6位のフォント。項目をクリックすると……


以下のように、Open Sansが使われているトップサイトがリスト化されます。


Open Sansを利用しているトップサイト3位の「wordpress.com」をクリックしてみると、画面右側にwordpress.comで使われているフォントの種類が表示されました。


このうち、「sans-serif」をクリック。


すると、今度はsans-serifを使っているトップサイトのランキングが出現。「yahoo.com」の他、「twitter.com」や「linkedin.com」「instagram.com」など、SNSで多く使われていることが分かります。


GIGAZINEも中に入っていたので、クリックしてみます。


GIGAZINEで使われているフォントはsans-serifとPro。Proをクリックすると……


「nicovideo.jp」や「dmm.co.jp」「yodobashi」など、日本のサイトがずらりと並びました。


nicovideo.jpを見てみると、Proの他にもAppleが好んで使う「Lucida Grande」、重厚な「Impact」、繁体字中国語フォント「Microsoft JhengHei」が使われていることが分かります。


なお、トップサイトで使われているフォントの種類のランキングは以下から見ることができます。ダントツのトップは「Arial」で、「Verdana」「Neue Helvetica」が続く形です。

FontReach
http://www.fontreach.com/#top

・関連記事
無料で機械に彫刻された文字っぽい機能美なフォントをダウンロード可能な「機械彫刻用標準書体フォント」 - GIGAZINE

文字の上にカーソルを置くだけでフォント名が分かるChromeの拡張機能「WhatFont」 - GIGAZINE

文字の上にカーソルを置くだけでフォント名やサイズを特定、試し打ち&ダウンロードも可能な「Fontface Ninja」 - GIGAZINE

写真や画像上の文字列を選択してコピペ可能にするChrome拡張機能「Project Naptha」 - GIGAZINE

無料で商用利用可のユニークなデザインのフォントがダウンロードできる「YosukeMasaki」 - GIGAZINE

無料で商用利用も可能な印象的な英字フォントいろいろ - GIGAZINE

118

in レビュー,   ネットサービス,   デザイン, Posted by logq_fa