手で持って食べられないほど超巨大な「肉×肉」のハンバーガーが食べられる「ANY’s BURGER」試食レビュー


バーガーキングやフレッシュネスバーガーでは、一般的なサイズより大きめのハンバーガーを提供していますが、「アメリカンなハンバーガーはそんなもんじゃない!」と言わんばかりに巨大で食べ応えのあるハンバーガーが食べられるのが「ANY's BURGER」です。おおぶりのビーフパティに極厚のベーコンを挟んだバーガーや、単体で満足できそうなほど立派なポークチョップをハンバーガーに挟んだアメリカンなバーガーを提供しているとのことなので、実際に行って食べてきました。

ぐるなび - ANY’s BURGER(エニーズバーガー)(谷町・谷町四丁目/ハンバーガー)
http://r.gnavi.co.jp/sgb3x1jr0000/

ANY’s BURGER (エニーズ バーガー) - 谷町六丁目/ハンバーガー [食べログ]
http://tabelog.com/osaka/A2701/A270204/27014493/

ANY’s BURGERの住所は「大阪府大阪市中央区谷町7-1-39 新谷町第2ビル」で、地下鉄谷町線・長堀鶴見緑地線の谷町六丁目駅から歩いて数分のところにあります。


谷町六丁目の駅から歩いてくると、ハンバーガーを持った女の子の看板が見えてきます。


ANY’s BURGERを正面から見るとこんな感じ。


テイクアウト用の小窓もありました。


店内は盛りだくさんの小物で装飾されており、アメリカンなレストランといった雰囲気。席はカウンター席と……


2人掛け・3人掛けのテーブル席もあります。


テーブルに置かれている紙ナプキンまでアメリカンな小物が使われていました。


2階にも上がれるようになっていますが、2階の席は満席が多いとのこと。


ハンバーガーのメニューは大量にあり、人気があるのは「ベーコンエッグチーズバーガー」と「ベーコンエッグカレーチーズバーガー」とのこと。プラス400円でポテトとドリンクを付けることができ、ドリンクはコーラ・ジンジャーエール・ドクターペッパー・コーヒーのいずれかを選択可能。今回は「Wベーコンエッグチーズエッグバーガー」(税込1400円)、「ベーコンエッグチーズエッグバーガー」(税込1200円)、「ポーク、バーグ、エッグ」(税込1200円)の3種類を注文しました。



17時からのディナータイムは、ハンバーガー以外にもオムライスやスペアリブなどのライス系のメニューも提供しています。


注文が届くまでの間に2階席を見に行ってみます。カウンター席の向こう側にある階段を上がっていくと……


階段を上ってすぐのところにトイレがあります。


トイレの内装まで凝った作り。


トイレの向かいにソファ席があり、落ち着いて食事できそう。2組くらいで満席になります。


というわけで、15分ほどで超巨大なハンバーガーが到着しました。以下の写真に写っているのが「Wベーコンエッグチーズエッグバーガー」で、上からバンズ・チーズ・卵・グリルオニオン・ビーフパティ・分厚いベーコン2枚・グリルオニオン・ビーフパティ・トマト・レタス・バンズという恐るべき大きさのハンバーガーとなっています。


iPhone 5sを隣に置いてみるとこんな感じ。普段なら手でバーガーを持てる紙袋を渡しているのですが、どのバーガーも大きすぎて崩れてしまうため、最終的にはナイフとフォークで食べます。今回注文したWベーコンエッグチーズエッグバーガーは大きすぎて紙袋にすら入らないそうなので、最初からナイフとフォークで食べることに。


また、ベーコンエッグチーズエッグバーガーをiPhone 5sと比較するとこう。Wベーコンエッグチーズエッグバーガーに比べるとこじんまりとしていますが、それでも一般的なハンバーガーショップでは特大サイズに分類されそうな大きさ。構成はビーフパティが1枚になっている以外は、Wベーコンエッグチーズエッグバーガーとほとんど同じ。


どこからどう食べていいのか迷ってしまいますが、とりあえず目に付く部分を口に運べるサイズに切り出していけばOK。


ベーコンは衣のようなものがついてカリっと揚げられていました。前回に来た時は焼いたベーコンだたっため、日によって具材の調理方法が異なるのかもしれません。


そしてコレがポーク、バーグ、エッグ。上からバンズ・チーズ・卵・グリルオニオン・ポークチョップ・ビーフパティ・レタスという構成で、串で刺していないとバラバラになるであろう重量感を放っています。てっきり小さめのバーガーと思って注文したのですが、店主によるとコレが今回注文した3品の中で最も巨大なハンバーガーとのこと。


セットで付けたポテトは厚切りの自家製ポテトチップス。


ポテトは厚切りながらカラッと揚げられており、サクサクの食感を楽しめます。


チーズと卵はほとんど同化していますが、とてもおいしそう。


ポークチョップは左右からはみ出すほど巨大なものが使われていました。


ビーフパティも大きめサイズで、バーガーキングのワッパーのパティより大きい気がします。


ビーフパティやポークチョップごと一刀両断してみました。


ジューシーなビーフパティとポークチョップを一気に食べると、口の中が「肉」で埋め尽くされます。いずれのバーガーもとにかく巨大なので、途中からはハンバーガーというより、具材盛りだくさんのパン付きプレートを食べているような気分になります。男性のディナーとしても充分な分量があるため、「小腹が空いたのでちょろっとハンバーガーを食べたい」という気持ちだと撃沈してしまうかも。


普段は自家製のカレーソースを使ったバーガーも人気とのことですが、訪れた当日は売り切れとなっていました。以前訪れた際に注文した「ベーコンエッグカレーチーズバーガー」は以下のような感じで、リンゴを使ったピリ辛のカレーはボリューム満点のハンバーガーと相性抜群でした。


なお、「AIR 4TH TOWER BURGER」という3500円の超巨大バーガーもあるようです。ただでさえ、片手で持つのが厳しいサイズのハンバーガーであるため、4段になると一体どれほど巨大なハンバーガーになるというのか……。

・関連記事
鉄板ではなく炭火で肉を焼くハンバーガー店「FELLOWS」に行ってきました - GIGAZINE

マクドナルドがアメリカに広まる以前に親しまれていた直火炭焼きバーガーを福岡の「Frisco」で食べてきました - GIGAZINE

分厚く柔らかいパティを使った「肉厚ハンバーガー」をロッテリアで食べてきた - GIGAZINE

「いい肉の日」にスタートしたロッテリアの「松阪牛ハンバーガー」と「濃厚6種チーズの絶品チーズバーガー」を食べてきた - GIGAZINE

ハワイで一番有名なハンバーガーショップ「クア・アイナ」で全トッピングを追加して超ド級サイズにしてみた - GIGAZINE

チーズフォンデュの中にハンバーガーを突っ込ませるバーガーキング新作「ビーフフォンデュ&チキンフォンデュ」を食べに行ってきました - GIGAZINE

166

in 試食, Posted by darkhorse_log