大気汚染に悩む中国では「きれいな空気」のボトルが飛ぶように売れる


中国では北京・上海などの経済発展がめざましい地域を中心に、深刻な大気汚染が社会問題となっています。そんな中国で新鮮な空気を詰め込んだ「空気缶」が飛ぶように売れるという現象が話題になっています。

China pollution: Canadian company Vitality Air sells out of bottled fresh mountain air as smog levels worsen | Asia | News | The Independent
http://www.independent.co.uk/news/world/asia/china-pollution-canadian-company-vitality-air-sells-out-of-bottled-fresh-mountain-air-as-smog-levels-a6773631.html

これは中国の首都・北京の町を撮影した写真。薄暗いですが、これは昼間の様子です。


町ゆく人はみなマスク姿。


スポーツはかえって健康に悪そうです。


そんな中国で話題になっているのが「VITALITY AIR」。新鮮な空気が入った缶とのこと。


VITALITY AIRはカナダのVitality Air社がロッキー山脈の新鮮な空気を詰め込んだボトルで、空気のきれいさを維持するために油脂やグリスを使う機械に通すことなく手作業で詰められているとのこと。


VITALITY AIRの価格は3リットルボトルが1本19カナダドル(約1700円)からですが、輸送コストを含めて中国では1本約3000円から販売されています。


こち亀の両さんを実践するVitality Airですが、中国のネット通販で販売したところ、500本が一瞬で完売。さらに700本を追加で販売する予定とのことです。

・おまけ
中国ではサービス料として「空気浄化費」なる追加料金1元(約20円)を徴収するレストランが登場しています。店主によると「レストラン内の空気をきれいにする空気洗浄機のメンテナンスコスト」とのことですが、あえなく行政指導を受けています。

・関連記事
中国のネット検閲システム「グレートファイアウォール」の仕組み - GIGAZINE

中国の対ネット新兵器・巨砲「The Great Cannon」の仕組みとは - GIGAZINE

中国に点在する開発後も人が居ない「ゴースト都市」の場所を特定する方法 - GIGAZINE

中国人はなぜアメリカでトウモロコシを盗もうとするのか? - GIGAZINE

テスラの「模倣品」を生み出す中国の新興メーカーが自動車業界を制圧する可能性 - GIGAZINE

中国の低賃金な労働力が終わりを迎え、2050年に向けて世界はどうなっていくのか? - GIGAZINE

in メモ, Posted by logv_to