コメダの「チョコノワール」が1年ぶりに帰ってきたので食べてみた


12月1日より、コメダ珈琲店では名物メニューの1つ「シロノワール」にチョコレートと甘酸っぱいイチゴソースなどをトッピングした「チョコノワール」が登場しています。ちょうど1年前の2014年に登場し、人気を博したというメニューが期間限定で復活しているということなので、お店に行って食べてくることにしました。

「チョコノワール」、12月1日より販売スタートです!
http://www.komeda.co.jp/info/campaign.php

コメダ珈琲店に到着。


訪れたお店では、店頭でのポスターなどは掲げられていない様子。


しかし狙いを定めていたとおり、今回はチョコノワール(税込490円)を注文。サイズはシロノワールより一回り小さな「ミニシロノワール」と同じ大きさで、ソフトクリームの上からチョコレートソースと鮮やかなイチゴソース、そしてイチゴが2個添えられています。


さらに、今年のチョコノワールではコメダのおじさんがプリントされた三角形のチョコプレートが添えられています。このプレートは数量限定となっており、なくなり次第終了となるそうです。


ソフトクリームとイチゴの上に載っているのは、サクサク食感をプラスするフィアンティーヌ。チョコレートソースでアップした甘さをサクッとした食感で軽やかにするために添えられている模様。


ソフトクリームとチョコレートソースがあまりにもおいしそうだったので……


一口パクリ。コメダ安定のソフトクリームにチョコレートの風味がプラスされ、まったりと濃厚な味と舌触りになっています。ド王道の組み合わせですが、それだけに実に安心して楽しめる味わいとなっています。


ソフトクリームにイチゴをのせて、イチゴソースをからめて再びパクリ。シャリッとした冷たい食感のイチゴと、フィアンティーヌのサクサク感のおかげで軽やかな食べ心地となっています。「スイーツって幸せ」と心から感じる瞬間。


もちろんデニッシュ生地はホカホカ。刻一刻とソフトクリームの様子が変化していくので、ホットなデニッシュとコールドのソフトクリームをベストマッチで食べられる間に一気に食べてしまいます。


デニッシュの間には、チョコレートソースが挟まれていました。


ここでもフィアンティーヌのサクサク感が名脇役。最後まで軽やかな食感が心地よいチョコノワールでした。


チョコノワールは1月14日までの限定販売。翌15日からは、キャラメルソースをトッピングした「キャラノワール」が「もうすぐ会えるね」とのことなので要チェックです。

・関連記事
万博をイメージし5種類の果物をたっぷりのせた「太陽のパンケーキ」がEggs’n Thingsに登場したので食べてきた - GIGAZINE

クリスマスケーキのお試し用ミニサイズ「ベルギー&ホワイトチョコレートノエルミニ」を食べてみた - GIGAZINE

濃厚バニラアイスに甘酸っぱいショートケーキとほろ苦ガトーショコラを混ぜた「コールドストーンクリーマリー」10周年記念アイスを食べてみた - GIGAZINE

デザート&パスタ&ピザ食べ放題のスイーツパラダイスでケーキ作りができる「スイーツパラダイスファクトリー」に行ってみました - GIGAZINE

in 試食, Posted by logx_tm