iPad Pro専用スタイラスペン「Apple Pencil」をメモやお絵かきに使ってみたレビュー


1秒間に240回というスキャン速度を誇り、指で画面をタップする際の2倍のデータポイント数を感知することで、タイムラグをわずか数ミリ秒に抑えたApple初のiOS端末向けスタイラスペンが「Apple Pencil」です。Apple PencilはiPad Pro専用に開発されたもので、iPad Proの出荷から1週間ほど経ってから編集部に到着したので、実際に使ってみました。

iPad Pro - Apple Pencil - Apple(日本)
http://www.apple.com/jp/apple-pencil/



Apple Pencilは、Apple製品に共通の白地の箱に入っています。


箱の裏面には、iPad Proを使ったApple Pencilの急速充電方法がイラストで描かれています。


側面のタブを引いて箱を開封すると……


内箱にぴっちり収まったApple Pencilが登場。


これがApple Pencil。軸にはボタンやロゴなど何もついておらず、シンプルな作り。


重さは実測で20g。


手に持ってみるとこんな感じ。「Apple Pencil」の名の通り、新品の鉛筆と同じくらいの長さで、ボールペンやシャーペンに比べると長めです。


ペンの上部には銀色の「Apple Pencil」のロゴが刻まれたマグネットが埋め込んであります。


ペン尻のキャップがマグネット式で固定されていて、キャップを外すと充電用のLightning端子が現れます。


ペン先はやや丸っこい形。


ペン先をくるくる回すと先端部分を取り外すことができ、ペン先がヘタってしまったら交換用のペン先に付け替えることができます。


説明書類の中に、充電用アダプタと予備のペン先が入っています。


Apple Pencilのキャップを外してLightning端子に充電用アダプタを差せば、iPadやiPhone用のLightningケーブルでApple Pencilを充電可能です。


Apple Pencilを急速充電する場合は、iPad ProのLightningポートにぶっすりと差します。


初回接続時は「Bluetoothペアリングの要求」が表示されるので、「ペアリング」をタップ。


設定画面の「Bluetooth」を開いて、Apple Pencilが接続できていれば準備完了です。


iOS 9からは標準搭載の「メモ」アプリにスケッチ機能が追加されたのでApple Pencilで試し書きしてみました。筆圧の強弱によって線の太さや色の濃淡が変化していき、描画の遅れがほとんど感じられないので、紙と鉛筆を使ってメモを書いている感覚に近い感じ。


標準メモアプリの「ペン」「マーカー」「鉛筆」で試し書きしてみたところ、「ペン」(上)は筆圧によって線の太さと濃淡が変わり、「マーカー」(中)はペン先を倒した際に太さが変化します。「鉛筆」(下)は筆圧で太さと濃淡の変化ができるのに加え、ペン先を倒して書くことでまさに鉛筆を寝かして書いたようなタッチを再現できます。


実際にApple Pencilを使っている様子は、以下のムービーで見ることができます。

Apple Pencil&iPad Proを使ってメモアプリの「ペン」で試し書き - YouTube


Apple Pencil&iPad Proを使ってメモアプリの「マーカー」で試し書き - YouTube


Apple Pencil&iPad Proを使ってメモアプリの「鉛筆」で試し書き - YouTube


GIGAZINEのトップ画を描いてもらっているmeraさんに、Apple Pencil&iPad Proの使い心地を試してもらいました。なお、お絵かきに使ったのはiPad向け無料アプリ「メディバンペイント」です。


Apple Pencilを使ってiPad Proでイラストを描いている様子は、以下のムービーで見ることができます。

Apple Pencil&iPad Proでお絵かきしている様子 - YouTube


実際にお絵かきしてみた感想を聞いたところ、「描き心地はなめらかで、細かい筆圧を使い分けないのであれば十分なレベル」とのこと。イラストを描くには色がキレイに出ていないと困るので、その点ではiPad Proのディスプレイは色がすごくよい印象だそうです。しかし、「ディスプレイに手の側面が触れた際に誤認識して点々が出てしまうところがイラスト制作に難あり」と話していました。


また、Apple PencilのLightning端子をiPad Proに差して急速充電する場合に、iPad Proを机に置くと、Apple Pencilの厚みでiPad Proが机から浮いてしまうのが難点でした。


なお、Apple PencilはApple公式サイトで販売中で、価格は税込1万2744円。記事作成時点での出荷予定は4~5週間となっています。

iPad ProのためのApple Pencil - Apple (日本)
http://www.apple.com/jp/shop/product/MK0C2J/A/

・関連記事
Appleが満を持して発表した「Apple Pencil」は位置・筆圧・傾きを検知する革新的なスタイラスペン - GIGAZINE

ジョブズが大嫌いだったスタイラスがiPad Proの「Pencil」で登場したわけとは - GIGAZINE

Apple PencilとSurface Penのトラッキング性能を比較 - GIGAZINE

ワコム製のiPad用筆圧対応スタイラスペン「Intuos Creative Stylus 2」使用レビュー - GIGAZINE

ペン先の透明ディスクでイラスト描画にも使える正確性を実現したスタイラス「Jot Pro」「Jot Mini」を使ってみた - GIGAZINE

Adobeのお絵かきアプリ「Adobe Sketch」と一緒に使えるスタイラス「Jot Touch with Pixelpoint」を使ってみました - GIGAZINE

スタイラスペンメーカー「Adonit」の無料とは思えない高機能お絵かきアプリ「Forge by Adonit」 - GIGAZINE

308

in レビュー,  ハードウェア,  動画, Posted by darkhorse_log