レビュー

最速を称する64ビット版ウェブブラウザ「Waterfox」


2011年からずっと64ビットに特化して開発されてきたウェブブラウザ「Waterfox」は、Mozillaプラットフォームから生まれたものですが、Firefoxとは異なった進化を遂げており、64ビットでは最速だとのこと。Firefoxとの違いが気になったので、チェックしてみました。

Waterfox - The fastest 64-Bit browser on the web
https://www.waterfoxproject.org/


MrAlex94/Waterfox · GitHub
https://github.com/MrAlex94/Waterfox

ダウンロードページの「Waterfox 40.1.0 Setup」をクリック。

Waterfox - Downloads - The fastest 64-Bit browser on the web
https://www.waterfoxproject.org/downloads.html


ダウンロードしたインストーラーを起動


「実行」をクリック


「Next」をクリック


「Next」をクリック


とりあえずどんなブラウザか試してみるだけなので、「Use Waterfox as my default web browser」のチェックを外して「Install」をクリック。


「Finish」をクリック。


なお、Firefoxに同居するような形になるため、Waterfoxをインストールするのが初でも、Firefox起動中だった場合はこのようなメッセージが出ます。その場合はFirefoxを終了させて、改めてWaterfoxを起動して下さい。


アイコンはこんな感じで、Firefoxのアイコンを青くしたようなデザイン。


再起動するとFirefoxのアドオンの読み込みが始まります。


「Don't Check」をクリック。


これで起動します。見た目はFirefoxとまったく同じです。


しかし、間違いなく「Waterfox」。


このままだと英語版なので、日本語化したい人はダウンロードページから言語パックをインストールして下さい。なお、日本語化のための言語パックインストールを行うとFirefox起動時に「XML パースエラー」が出るようになり、Waterfoxを起動していない時でもFirefoxが起動できなくなるため、共存させたい人は英語のまま利用して下さい。

ダウンロードページの下の方に言語ファイルが用意されているので、「Japanese」の欄の右側にある「Download」をクリック。


すると、このようなポップアップが表示されるので「Allow」をクリックするとダウンロードが始まります。


「Install」をクリックすればOK。


アドレス欄に「about:addons」と入力し、「Languages」の欄を見るとダウンロードが完了しています。


しかし、これだけでは日本語化はできません。アドレスバーに「about:config」と入力し、Search欄に「general.useragent.locale」と入力。下の欄に同じ項目名が現れるのでダブルクリック。


現れたダイアログのテキストボックス内が「en-US」になっているので、「ja-JP」と入力してOKをクリック。


general.useragent.localeの行が太字になっていればOK。


これでWaterfoxを再起動すればメニューが日本語になります。


GIGAZINEのヘッドラインニュースを表示するとこんな感じ。「これがあればWaterfox」という何かがあるわけではないため、見た目ではFirefoxとの違いはゼロ。ただし、Firefoxでは動作する拡張機能がWaterfoxでは動作しない、というケースがあったので注意が必要です。


最速を標榜している64ビット特化ブラウザなので、Firefoxがもっさりして困っている人は、使ってみると変化を感じられるかもしれませんが、人によってはそこまで大きな差を感じられないかも。ただ、この見た目の通り、使い勝手はFirefoxとほぼ同じ。設定などもFirefoxのものをそのまま引き継ぐので、Firefoxユーザーであればそのまますっと乗り換えることもできて、試してみる価値はありそうです。

なお、以前は日本語化において「about:config」から「intl.accept_languages」と入力し、「en-US, en」となっているところを「ja, en-US, en」としなければいけなかったようですが、Waterfox 40.1.0ではその必要はありませんでした。もし、上記の変更を行っても日本語化されないという人は、この手順も試してみて下さい。


ちなみに、前述の通り、Waterfoxの日本語言語パックをインストールすると、Firefoxを起動しようとしたときに下記のように「XML パースエラー:定義されていない実体が使用されています。」というエラーダイアログが表示され、起動できなくなることがあります。


これは「Firefoxの再インストール」や「Waterfoxのアンインストール」ではなく、「Waterfoxの日本語言語パックのアンインストール」で直ります。Waterfoxのメニューを「ツール」→「アドオン」と辿り、「言語パック」の項目にある「Japanese Language Pack」の右側の「削除」をクリックすればOK。


もしWaterfoxを先にアンインストールしてしまっていた場合も、Waterfoxをインストールし直して同じ手順を行えばOK。あるいは、言語ファイルの実体が「C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Roaming\Mozilla\Firefox\Profiles\(8桁の文字列).default\extensions\langpack-ja@waterfoxproject.org.xpi」なので、このファイルを直接削除する形でも大丈夫です。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
ついにiPhoneにもMozilla純正のブラウザアプリ「Firefox Web ブラウザ」が登場、実際に使うとこんな感じ - GIGAZINE

「Firefox 42」正式版リリース、トラッキング保護を実装でプライバシー機能が強化 - GIGAZINE

「Google Chrome 46」安定版リリース、セキュリティ問題の修正が24件 - GIGAZINE

IEとは別のMicrosoftの新ブラウザ「Spartan」を試しに使ってみたらこんな感じ - GIGAZINE

簡単に広告を消せるブラウザ「Javelin Browser」は広告を消さなくても爆速 - GIGAZINE

in レビュー,   ソフトウェア, Posted by logc_nt

You can read the machine translated English article here.