激安でOculusのスマホ向けVRヘッドセット「Gear VR」の予約スタート、レトロゲーセンや映画コンテンツも充実


OculusとSamsungが共同開発したスマートフォンを装着して使用するVRヘッドセット「Gear VR」の予約受付がスタートしました。予約受付開始に伴いVR向けゲームタイトル・レトロゲームセンターアプリ・動画配信アプリの存在も明らかになっており、ローンチに向けてコンテンツの充実具合がうかがえます。

Blog — Samsung Gear VR now available for pre-orders at $99
https://www.oculus.com/en-us/blog/samsung-gear-vr-now-available-for-pre-orders-at-99/

予約受付が開始されたGear VRは、VRヘッドセット「Oculus Rift」で知られるOculusとSamsungがGalaxy Note 5・Galaxy S6 edge+/S6/S6 edge向けに開発したVRヘッドセットです。Gear VRは開発者向けモデルがすでにリリース済みでしたが、ついに一般消費者向けモデルが登場する形になります。市販される最新モデルは開発者向けのものより19%の軽量化を実現し、気になる販売価格は99ドル(約1万2000円)で、 Amazon.comBestBuy.comSamsung.comで予約できますが、日本への発送には対応していません。


予約受付開始に伴いGear VR向けのゲームタイトルも公開されています。Ustwo Gamesの「Land’s End」、Climax Studiosの「Bandit Six: Salvo」、Robot Invaderの「Dead Secret」はオンラインストアのOculus Storeで発売中で、この他にもCCPの「Gunjack」、OZWEの「Anshar Wars 2」などがリリース予定とのこと。


Gear VR向けのゲームタイトルがどのような作品なのかは以下のムービーから確認可能です。

Oculus Connect 2 Gear VR Content - YouTube


Gear VRでプレイできるのは最新ゲームだけではありません。Oculusは「Oculus Arcade」というレトロなゲームセンターを仮想体験できるアプリを公開しており、パックマンやソニック・ザ・ヘッジホッグ、ガントレットといった名作レトロゲームを20タイトルプレイ可能。


ゲームだけでなくNetflixや20世紀フォックスの映像作品をVR内の映画館やホームシアターで楽しめる「Oculus Video」も公開されています。また、TwitchやVimeoといった動画配信プラットフォームのコンテンツもOculus Videoで閲覧可能。この他にも、世界中の写真家が撮影した360度写真を閲覧できる「Oculus 360 Photos」といったサービスもあり、ゲーム以外のコンテンツも充実しまくっています。


2016年にはOculus RiftやソニーのPlayStation VRといったVRヘッドセットが登場すると見られており、VR業界は大きな盛り上がりを見せそうです。

・関連記事
現実世界に別れを告げて仮想空間へ旅立つべく「Oculus Rift」と「Gear VR」を体験してきました - GIGAZINE

約1万2000円で買える新型VRヘッドセット「Gear VR」発表、NetflixやHuluなども楽しめるようになることが明らかに - GIGAZINE

マインクラフトがVRヘッドセット「Oculus Rift」に対応、仮想空間でマイクラ三昧が可能に - GIGAZINE

VRヘッドセット×脱出ゲームの異色コラボが想像以上に異次元体験な「サラと毒蛇の王冠」 - GIGAZINE

Unreal Engine 4で作られたOculus Rift向けFPS「Bullet Train」が圧倒的クオリティ - GIGAZINE

117

in ハードウェア,  動画,  映画,  ゲーム, Posted by darkhorse_log