×
取材

レクサスが自動運転カー「LF-FC」を世界初公開、次世代フラッグシップは燃料電池を採用


レクサスが、フラッグシップの燃料電池車(FCV)「LF-FC」を、東京モーターショー2015で世界初公開しました。

TOKYO MOTOR SHOW WEB SITE
http://www.tokyo-motorshow.com/

LEXUS、次世代フラッグシップカーをイメージしたコンセプトカー 「LEXUS LF-FC」を世界初公開 | トヨタグローバルニュースルーム
http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/9833371/

レクサスブースに到着。


燃料電池「LF-FC」はセダンタイプの大型サルーン。


「LF」はコンセプトカーを表す「レクサス・フューチャー」、「FC」は燃料電池を表しています。コンセプトカーなのでサイドミラーはありません。


レクサスの世界販売の約3割がハイブリッドカーとのことですが、トヨタのMIRAIに引き続き、レクサスにも燃料電池車の波がやってきているようです。


ホイールは21インチ。前輪にはインホイルモーターが搭載されています。


サイズは全長5300mm×全幅2000mm×全高1410mm。


流麗なライン。LF-FCは自動運転技術を採用する予定で、レクサスのフラッグシップカーに位置づけられています。


もちろんマフラーはなし。


レクサスのアイコンであるスピンドルグリス。フロントフェンダー部分が盛り上がった形状で、フロントマスクの迫力はかなりのもの。


ドライブトレインについても実物大モデルが展示されています。


フロントに燃料電池。


フロントにはインホイルモーターがあります。


フロントとリアをつなぐようにあるのが高圧水素タンク。


リアには駆動用バッテリー(上)とモーター(下)。後輪をメイン出力にしつつ、前輪もインホイルモーターで駆動する四輪駆動仕様となっています。


駆動システムはこんな感じ。


イメージムービーもYouTubeにアップロードされています。

Lexus LF-FC - YouTube


レクサスはLF-FCの他にも、「RC F GT3」を展示していました。


超ワイドなレーシングモデル。


全長4705×全幅2000×全高1270mmで車両重量は1250kg。


ディフューザーも地をすらんばかり。5.0リットルのV8エンジンは550HPをたたき出します。


・おまけ
レクサスは、2階特設ブースで磁気浮遊するホバーボードを展示しています。


たしかに浮いています。


ただし、これは磁石で浮かせているそうです。

・関連記事
「東京モーターショー2015」全記事一覧まとめ - GIGAZINE

「東京モーターショー2013」全記事一覧まとめ - GIGAZINE

2年ぶりの「東京モーターショー2009」開幕、全記事一覧まとめ - GIGAZINE

第40回東京モーターショー 2007、どんな様子なのかムービー公開+全記事一覧 - GIGAZINE

in 取材,   乗り物,   動画, Posted by logv_to