セックスについて知られざる14の真実

by Laura de Mingo

セックスよってさまざまな効能を得られることが明らかになっていますが、「セックス時の消費カロリー」や「精子の移動する速度」など、あまり知られていないセックスに関する事実14個をBuzzFeedVideoがまとめています。

14 Sex Facts You Won't Believe Are True - YouTube


◆01:
性行為から離れた生活を続けていると、ペニスのサイズが小さくなる可能性があることが明らかになっています。


「もしも男性が性行為を体験しないままでいると、いつか男性器を失ってしまうかもしれません」と、ジョーク混じりの説明。


◆02:
コーンフレークを発明したのは、ケロッグ社初代社長の兄であるジョン・ハーヴェイ・ケロッグ博士。ケロッグ博士は、マスターベーションがハンセン病や結核、心臓病、精神異常を引き起こすと信じていて、健康食のコーンフレークを食べることで人々が性欲を低減することができると考えていました。


◆03:
全米経済研究所の発表によれば、1回の性行為で、10万ドル(約1200万円)を稼いだ時と同等の幸福感が得られるそうです。


◆04:
女性ストリッパーは月経周期の排卵期に差しかかると、男性の性欲を刺激するフェロモンの効果で稼ぎが増えると言われています。


◆05:
アメリカ人カップルの42%は、「相手と同時に絶頂に達する確率よりも、未確認生物ビッグフットに遭遇する確率の方が高い」と考えています。


◆06:
51%の女性が運動中にオーガズムを迎えた経験があり、身体の体幹(コア)を鍛える筋トレ中に自然とオーガズムを迎えるコアガズム(Coregasm)という新語が生まれています。


◆07:
「アガルマトフィリア(Agalmatophilia)」とは、彫像や人形への愛を意味します。


アガルマトフィリアについて記されている最も古い文献は、1877年にドイツのリヒャルト・フォン・クラフト=エビング博士が記したもので、「ある庭師がミロのヴィーナス像に恋してしまい、彫刻との性行為に及ぼうとした」と書かれています。


◆08:
男性は利き手側の睾丸が短く、反対側の睾丸が長く垂れている傾向にあるそうです。


◆09:
オーガズムを迎えやすくするには足先をよく温めておくのがよいとのこと。


◆10:
精子は時速28マイル(時速45キロメートル)の速さで動いています。


◆11:
精液を肌にすり込むと、タンパク質の効果で肌のシワが出来にくくなることが判明しています。


◆12:
また、精液には亜鉛やカルシウムも含まれているため、虫歯を防ぐ効果もあるとのこと。


◆13:
30分のセックスで消費するカロリーはおよそ144キロカロリーと言われています。


◆14:
さらに相手の服を脱がせることで8~80キロカロリーを消費したり、1時間キスを続けることで68キロカロリーを消費したりする、といった研究結果が明らかになっています。

・関連記事
セックスについて知っておくべき11個の真実とは? - GIGAZINE

人類のセックスを進化させてきた歴史的な6つの発明とは - GIGAZINE

地域ごとに違う、10の性行為に関する変わった法律 - GIGAZINE

セックス時の喘ぎ声やベッドの揺れを記録して性生活の充実具合を記録するアプリ「Spreadsheets」 - GIGAZINE

ユニクロ店内の試着室でセックスしているところを撮影した5人が逮捕される - GIGAZINE

女性の性欲を高めるバイアグラ「フリバンセリン」がついに市場に登場 - GIGAZINE

「なぜ日本人の間で30歳前後のセックス未経験者が増えているのか」というニュースがCNNで報じられる - GIGAZINE

303

in 動画,  メモ,   Posted by darkhorse_log