「iPhone 6s/6s Plus」のA9チップがTSMC製かSamsung製か調べられる「CPU Identifier」


「iPhone 6s/6s Plus」では、ハードウェアとソフトウェアの両方をAppleが作り上げているからこその素晴らしいパフォーマンスを体験することが可能ですが、それを支えているのはデスクトップPCレベルの64ビットアーキテクチャを持った第3世代のApple製チップである「A9チップ」です。このA9チップは台湾の半導体メーカーであるTSMCと、Samsungの2社が製造しているのですが、手持ちのiPhone 6s/6s Plusがどちらのメーカーが製造したチップを搭載しているのかを確かめるためのツール「CPU Identifier」が公開されています。

hirakujira/CPU-Identifier · GitHub
https://github.com/hirakujira/CPU-Identifier

特許支援と技術解析サービスを提供するエンジニアリング・コンサルタント企業の「Chipworks」が、Appleの「iPhone 6s/6s Plus」をリバースエンジニアリングする中で、これに搭載されているA9チップにはTSMC製の16nmプロセスで製造されたものと、Samsung製の14nmプロセスで製造されたものの2種類が存在することを発見しました。

以下の写真はChipworksが公開しているSamsung製のA9チップである「APL0898(左)」とTSMC製のA9チップ「APL1022(右)」。ダイサイズはSamsungのAPL0898が96平方ミリメートル、TSMCのAPL1022が104.5平方ミリメートル。


2つを重ねるとSamsung製のAPL0898がわずかにコンパクトです。


このことについてChipworksは、「iPhone 6sというひとつの端末で、異なる2種類のプロセッサが見つかったことは非常に驚きだった」としています。また、「小さいダイサイズのものが十分な量入手できなかった」という場合を除いて、コストとパフォーマンスの両面で大きいダイサイズのチップでなければいけない理由はほとんどない、ともコメント。さらに、Chipworksのベンチマークテストでは、同じSoCの設計を2つの異なるプロセスで実行したとしても、どちらかがより優れた結果を出すことはないだろうとしています。

というわけでA9チップにはTSMC製のものとSamsung製のものの2種類が存在するのでうすが、iOS向けの脱獄アプリを開発している@hirakujiraさんが公開している「CPU Identifier」を使えばどちらのメーカーが作ったA9チップが搭載されているのか一発で確認できます。なお、「CPU Identifier」はApple公式のツールではないのでここから先の作業は自己責任でお願いします

CPU Identifier
http://demo.hiraku.tw/CPUIdentifier/

「CPU Identifier」を使用するには、iPhone 6s/6s Plusいずれかの端末で上記URLを開いて「Install」をタップ。なお、インストールページには「『CPU Identifier』はCPUと端末のモデル情報以外のプライベートな情報は収集しません」と記されています。


「インストール」をタップ。


するとホーム画面に以下のようなアイコンが追加されるのでタップしてみると……


「信頼されていないエンタープライズ開発元」ということでアプリが動作しません。アプリを動作させるには、まず「キャンセル」をタップして……


ホーム画面の「設定」をタップ。


「一般」をタップ。


「プロファイル」をタップ。


エンタープライズAPPの中の「ShenZhen Shixunhulian Technology…」をタップ。


そして「CPU Identifier」があるのを確認してからもう一度「"ShenZhen Shixunhulian Technology Co.,Ltd."…」をタップ。


「信頼」をタップ。


「Appを削除」と表示されれば準備完了です。


もう一度ホーム画面から「CPU Identifier」をタップすれば……


瞬時にA9チップがどちら製のものか判断してくれます。診断に使ったのはiPhone 6s Plusだったのですが、TSMC製のA9チップが搭載されている模様。


なお、「CPU Identifier」で収集されたA9チップに関する情報は以下のようにまとめられています。

「CPU Identifier」でiPhone 6sのA9チップを調べたユーザーの約8割がTSMC製のものだったようです。


反対にiPhone 6s PlusだとSamsung製の方がやや多め。


全体ではだいたい6:4くらいの割合で、TSMC製のA9チップが多くなっているようです。


iPhone 6sではSamsung製のA9チップの数が少ないようなので、診断してみて「Samsung」の文字が出てきた場合は周りに「俺のA9チップはSamsung製!」と自慢できる……のでしょうか。

・関連記事
「iPhone 6s」&「iPhone 6s Plus」速攻フォトレビュー、新色ローズゴールドはこんな見た目 - GIGAZINE

iPhone 6sで新たに搭載された「3D Touch」はこうやって使うよレビュー - GIGAZINE

iPhone 6sのカメラ性能を歴代iPhoneシリーズと比較するとこうなる - GIGAZINE

iPhone 6sの行列に並んで週給12万円を稼ぎ出す「行列のプロ」の実態に迫るムービー - GIGAZINE

バッテリー減&増量と引き替えに「3D Touch」を得たiPhone 6sの中身はどうなっているのか? - GIGAZINE

in モバイル,   ソフトウェア,   ハードウェア, Posted by logu_ii