とんでもない可能性を秘めたVRヘッドセット「PlayStation VR」で仮想空間を満喫すべく「PlayStation LIVE Circuit 2015」に行ってきました


ソニー・コンピューターエンタテインメントは2015年9月17日から20日まで開催された「東京ゲームショウ2015」で、PlayStation4およびPlayStation Vitaの最新タイトルの試遊展示に加えて、仮想空間でゲームをプレイできるVRヘッドセット「PlayStation VR」の体験展示を行いました。その東京ゲームショウで出展された最新タイトルやPlayStation VRなどを後日に体験できるイベント「PlayStation LIVE Circuit 2015」が9月27日に大阪で開催されているので、実際に行って未知なるゲーム体験を肌で感じられるというPlayStation VRをプレイしてきました。

「PlayStation®LIVE Circuit 2015」最新情報! 出展タイトルと入場方法「チェックイン」のお知らせ | PlayStation®.Blog
https://www.jp.playstation.com/blog/detail/1522/20150915_pslc2015.html

PlayStation LIVE Circuit 2015が開催されている堂島リバーフォーラムにやってきました。


イベント開始時間の11時ちょうどにきましたが、入り口にはすでに長蛇の列ができています。


列は外まで伸びていました。11時時点での来場者数は約1000人で、朝5時から並んでいる人もいたとのこと。


イベントの入場資格はSony Entertainment Network アカウント(SENアカウント)を持っている人と、その同伴者2名まで。また、PlayStation Plusに加入している人は10時30分からの先行入場が可能です。


来場した人は無料でオリジナルステッカーやオリジナルミネラルウォーター、カタログを、さらにPS Plusに加入している人は特製バッグをゲットできます。


受付にも人がたくさん。


再入場はもう一度列に並び直す必要があるので、会場から外にでるときは注意が必要です。


イベントで最も注目度が高いVRヘッドセット「PlayStation VR」の試遊は抽選。赤色のチケットを引くとPlayStation VRで好きなタイトルを試遊可能、青色はハズレ、緑色がキャンセル待ちとなっています。


未知なる体験をしようと、PlayStation VRの抽選にも多くの人が訪れていました。


大きなスペースのイベント会場ですが、多くの来場者で満員。


PlayStation 4の最新作の試遊も可能で、これは大型DLC「Bloodborne:The Old Hunters」の試遊コーナー。


PlayStation 4で2015年12月10日発売予定の「GRAVITY DAZE」の試遊コーナー。


スクウェア・エニックスから2016年1月28日発売予定の「ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ」の試遊にも多くの人が並んでいました。


会場では試遊だけでなくステージイベントも実施していて、「アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝」のリアルタイムデモプレイや、「ドラゴンクエストビルダーズ」の課外授業など、PlayStation LIVE Circuit 2015でしか見られないものばかり。


アーケードスティック付きの専用パッドでプレイされているのは……


「STREET FIGHTER V」です。


この他にも「DARK SOULS III」や……


カーテンで仕切られた空間でプレイする「コール オブ デューティ ブラックオプスIII」など、PS4のさまざまな最新タイトルを試遊できます。


こちらは「Minecraft:PlayStation Vita Edition」の特設ブース。


「機動戦士ガンダム EXTREME VS-FORCE」や「初音ミク -Project DIVA- X」をプレイできるPlayStation Vitaの試遊コーナーも満員御礼状態。


たくさんの展示の中でも最も人気が高いのはVRヘッドセットの「PlayStation VR」です。


PlayStation VRの試遊は、黒カーテンで仕切られた部屋の中で1人ずつ行われます。


装着方法や試遊については、スタッフが丁寧に説明してくれるので何の心配もありません。


真っ暗な空間でプレイしている姿は、映画にでてくる未来の世界みたい。


ということでPlayStation VRの試遊スタート。まずはホラーゲームの「KITCHEN」をプレイしてみます。


これが頭に装着するPlayStation VR。


青色に光るライトが未来感たっぷりです。


ヘッドセットは重たいと感じる重量ではないので頭につけていてしんどい、ということはありません。カポッと頭にはめた後、自分で調節で締め付け具合を調節できるのは便利なポイントです。


体験したVR向けーゲームのKITCHENは開発中のため映像をおみせすることはできませんが、ゾンビのようなモンスターが出てくるガッチガチのホラーゲームでした。ゾンビの攻撃を受けるときは体がのけぞってしまい、また、自分の真後ろから突然登場したときは思わず叫んでしまうほどの没入感を味わえます。ゾンビが目の前にきたときに聞こえる吐息や、ゾンビが自分の周囲を動き回る物音などは、本当にゾンビが近くにいると錯覚しそうで、試遊が終わってヘッドセットをとると、かなり汗をかいていました。


次に試遊したのは「The PlayRoom VR」というタイトル。


The PlayRoom VRは、PlayStation VRを装着したプレイヤーと、コントローラーを持ったプレイヤー最大4人までが同時にマルチプレイできるゲームです。2つのディスプレイは、左がPlayStation VRを装着した人の視点、右がコントローラーを持っている人の画面を映しています。


The PlayRoom VRのコンテンツは複数あるのですが、その中から街を襲う怪獣と逃げるロボットに分かれて楽しむゲーム「MONSTER ESCAPE」を試遊。


360度どこを見渡しても映像が映っているので、後ろを向いたり……


上を向いたり……


下を向いても目の前にゲームの世界が広がっています。この感覚というのはなかなか伝えにくいのですが、仮想空間の文字通り別の空間に存在するような感じです。


MONSTER ESCAPEは、PlayStation VRを装着したプレイヤーが街を襲う怪獣を、コントローラーを持ったプレイヤーが逃げ回るロボットを操作します。2つのディスプレイは、左がVRヘッドセットを装着した人の視点、右側がコントローラーでプレイする人の視点が映されています。


実際に「MONSTER ESCAPE」をPlayStation VRでプレイしている様子は以下のムービーから確認できます。

VRヘッドセット「PlayStation VR」で「The PlayRoom VR」のゲーム「MONSTER ESCAPE」をプレイしている様子 - YouTube


ゲームがスタートすると、PlayStation VRを装着したプレイヤーは周囲のビルを頭突きで壊したりしながら、逃げるロボットたちを追いかけていきます。コントローラーで操作しているプレイヤーも、後ろから怪獣が追いかけてくるのは結構な迫力で、逃げ回るのはドキドキものです。


一番奥までたどり着くと、ロボットたちが大きな塀の向こう側に隠れてしまいました。塀の左側をのぞきこんだりしてロボットを探索。右側の画面には塀からのぞき込む怪獣が映っていて、2つのディスプレイに別視点の画面を映しながらゲームが進行しているのは今までにない感覚です。


塀からのぞいていてもラチがあかないので、頭を後ろに引き……


前方につきだして大きな塀を破壊。


ここからは、コントローラーを持ったロボットのターン。PlayStation VRを装着しているプレイヤーはロボットが投げてくるブロックを首を左右に振りながらよけていくというわけです。


怪獣とロボットの壮絶バトルの様子は以下のムービーから確認できます。

VRヘッドセット「PlayStation VR」の「MONSTER ESCAPE」で壮絶バトル中 - YouTube


MONSTER ESCAPEが終わったら、次はVR版だるまさんがころんだの「CAT’N MOUSE」をプレイしてみました。CAT’N MOUSEはPlayStation VRを装着したプレイヤーが猫になって、コントローラを持ったプレイヤーが操作するネズミと対決するというゲーム。猫とネズミの間はカーテンで仕切られていて、猫を操作するプレイヤーは、ネズミがチーズを食べに動いているときにタイミングよく頭を動かしてカーテンを開けて捕まえる、という内容になっています。言葉ではなく映像を見る方がゲームがどんな内容なのかよくわかるので、気になる人は以下のムービーから確認できます。

VRヘッドセットの「PlayStation VR」で「CAT’N MOUSE」をプレイしているところ - YouTube


PlayStation VRの試遊ブースでは、KITCHENやThe PlayRoom VRの他にも、美女と特別な時間を過ごせる「サマーレッスン」や……


初音ミクと一緒に歌って踊れる「SEGA feat. HATSUNE MIKU Project:VR Tech DEMO」、「真・三國無双7 VR DEMO」、「サイバータンガンロンパVR 学級裁判」などを試遊できるようになっていました。


また、イベント会場にはPlayStation VRが展示されているので、試遊に外れてしまった人でも写真を撮影したり、じっくり眺めたりということは可能です。


PlayStation 4およびPlayStation Vitaの最新ゲーム、そしてPlayStation VRを体験できるPlayStation LIVE Circuit 2015は、大阪以外にも2015年10月4日に札幌の「サッポロファクトリーホール」で、10月24日に福岡の「スカラエスパシオ」で開催される予定です。試遊できるゲームは会場によって異なるので、公式サイトでチェックしてから行くのがよさそう。イベントは大阪会場と同様に大きな混雑があるかもしれないので、行こうと計画している人は早めに会場に到着しておくほうがベターです。しかしながら、大阪会場でPlayStation VRの試遊は抽選だったので、早い時間に到着しても絶対に試遊できるということではありません。ただし、他の会場でPlayStation VRの試遊が抽選になるかどうか、記事執筆時点では不明です。

・関連記事
ソニーが本気を出したVRヘッドセット「PlayStation VR」で現実世界から夢の仮想現実へ逃げ出してきました - GIGAZINE

ソニーが開催した「PlayStation E3 Experience 2015」まとめ、最新ゲームやサプライズ発表などなど - GIGAZINE

初代PlayStationのCPUを搭載したNASAの無人探査機が冥王星に到達 - GIGAZINE

PS4新価格や最新ゲーム&サービスがてんこ盛りで発表された「SCEJA Press Conference 2015」まとめ - GIGAZINE

ソニーがかつて任天堂と共同開発したスーパーファミコン互換「PlayStation」の実機が見つかる - GIGAZINE

in 取材,   ハードウェア,   動画,   ゲーム, Posted by darkhorse_log