動画

初代iPhoneを渡し「これが最新のiPhone 6sです」と言うと道行く人々はどのような反応をするか?

by Kenny Louie

初代iPhoneが登場したのは2007年のことで、今では初代iPhoneがどんな姿だったのか知らない人もいます。そこで、iPhone 6sが発表される2週間前に、道行く人々に初代iPhoneを手渡して「これが今度発表される最新型のiPhone 6sです」と告げたところ、どんな反応が返ってくるのか?を実験したムービーが公開されました。

First Look: Apple’s New iPhone 6S - YouTube


まずは帽子の女性に初代iPhoneを手渡して実験します。


初代iPhoneをしげしげ見つつ、女性は「クールね。軽いし小さいし……」と初代iPhoneについてコメントしていきます。


「手に収まる大きさだし、すごくいい。気に入ったわ」


カレンダーアプリを起動し使っている女性はインタビュアーに「起動速度これまでより速度は速い?」と聞かれると「ずっとずっと速いわ!すごくわくわくする」


「スクリーンの解像度がシャープになっているのね」と語ります。


続いて、黄色いシャツの男性に手渡してみたところ、「持ちやすいね」とやはり高評価。画面が大きいと親指で操作できない部分が出てきますが、親指を思い切り伸ばさなくても画面の至る所に触れられるのがよい、とのこと。


帽子の男性は「本当に新機能がこの端末に全部入っているのか?」とやや疑わしげなまなざしを向けますが……


インタビュアーに「画面は高解像度だし、カメラのクオリティもアップしていますよ」と言われると納得した様子。


「画面がコンパクトになっているね。きっと巨大な電話を望まない人のためだ」と分析中です。


この女性は「驚くべきカメラだわ……」とコメント。


初代iPhoneとiPhone 6とを比較している女性は「大きさは違うけれど、重さは変わらない。新しいiPhoneは凝縮されているのだと思う」と好意的に解釈しています。


「2週間後に発売されたら、このiPhoneを購入しますか?」と聞かれ「多分ね」と答える男性。


インタビュアーが「前機種よりも素晴らしいからですか?」とさらに尋ねると、「僕はいつも最新のApple端末を買うんだ。Appleはいつも前機種を超えてくるから」と、Appleに対する絶対的な信頼をあらわにしました。


帽子の女性も初代iPhoneをゲットするのが待ちきれない様子。


「Apple、またやったわね!」とカメラに向かってにっこり微笑みます。


なお、このムービーはアメリカで放送されているトーク番組の「ジミー・キンメル・ライブ!」で作成されたもの。本物のiPhone 6s/6s Plusは、2015年9月25日(金)に日本でも発売されます。

・関連記事
アップル、ついにネット接続可能な携帯電話「iPhone」を発表 - GIGAZINE

本日から「iPhone」発売、一体どれだけの人が殺到して並んだのか? - GIGAZINE

20分以上に及ぶiPhoneの公式ガイドツアームービー登場 - GIGAZINE

アップルのiPhone、3日間の売上は3億ドル以上 - GIGAZINE

Appleが熱狂的信者を作るために使った12のブランド戦略 - GIGAZINE

ついに「iPhone 3G」をアップルが発表、日本でも7月11日発売 - GIGAZINE

日本で発売される「iPhone 3G」の詳細なスペックと高解像度画像いろいろ - GIGAZINE

発売前の初代iPhoneをジョブズが見せた相手は誰? - GIGAZINE

初代iPodを初めて触った子どもたちはどう反応するのか? - GIGAZINE

in モバイル,   ハードウェア,   動画, Posted by logq_fa