PC用よりも2倍高速な6GBメモリ搭載スマホを可能にする世界初の12GbのLPDDR4メモリが登場


ZenFone 2」や「Galaxy Note 5」など、現行ハイエンドスマートフォンの最大メモリ容量は4GBになっていますが、その1.5倍の「6GBメモリ」搭載スマートフォンを可能にする「1パッケージで6GBのLPDDR4メモリ」を半導体大手のSamsungが発表しました。

Samsung Launches Industry’s First 12Gb LPDDR4 DRAM – Samsung Electronics Official Blog: Samsung Tomorrow | Samsung Electronics Official Blog
http://global.samsungtomorrow.com/samsung-launches-industrys-first-12gb-lpddr4-dram/

Samsungが開発した「12Gb・LPDDR4」メモリは、従来の「8Gb・LPDDR4」メモリに比べてチップあたりの容量が1.5倍の1.5GBに増量。1.5GBチップを4枚内蔵することで、1パッケージで6GBのモバイル端末用メモリを構成することが可能です。


Samsungによると、12Gb・LPDDR4メモリは20nmプロセスルールで製造されており、8Gb・DDR4メモリに比べて30%高速な4266Mbpsを発揮するにもかかわらず20%も省電力で、生産性も50%以上高いとのこと。なお、4266Mbpsというデータ転送速度は、一般的なPC用のDDR4メモリに比べて2倍高速です。

Samsungは12Gb・LPDDR4メモリを使った1パッケージで6GB/3GBのメモリをリリースする予定で、Samsung製モバイル端末だけでなく他社にも提供するとのこと。世界最大6GBのメモリを搭載した高性能スマートフォンやタブレットが今後、続々と登場してきそうです。

・関連記事
従来の1000倍の処理速度を持つ新型メモリーをIntelとマイクロンが生産開始 - GIGAZINE

8コア&4GBメモリの強力性能のペン付きスマホの新型フラッグシップ「Galaxy Note 5」が登場 - GIGAZINE

世界最大4GBメモリを積むASUSの怪物スマホ「ZenFone 2」徹底レビュー - GIGAZINE

次期iPhoneのフラッシュメモリはサムスン製でストレージはまたもや増量する見込み - GIGAZINE

次世代メモリ「DDR4」が世界初登場、転送速度は現行のおよそ2倍で消費電力も大幅低減 - GIGAZINE

本当のところPCにメモリを何GB積めば良いのか?パフォーマンスを徹底的に比較するとこうなる - GIGAZINE

115

in モバイル,   ハードウェア, Posted by logv_to