McAfeeの創始者ジョン・マカフィーが2016年米大統領選への出馬を表明


2016年11月8日に予定されているアメリカ合衆国大統領選挙に、セキュリティ会社McAfee創業者のジョン・マカフィー氏が出馬する意向であることが判明しました。

Software pioneer McAfee files paperwork to run for president | TheHill
http://thehill.com/policy/technology/252987-software-pioneer-mcafee-files-paperwork-to-run-for-president

You Know What This Presidential Race Needs? John McAfee | WIRED
http://www.wired.com/2015/09/john-mcafee-want-run-president/

2015年9月8日にMcAfee創業者のジョン・マカフィー氏が、2016年合衆国大統領選に立候補するための書類を連邦選挙委員会に提出しました。マカフィー創業者による大統領選立候補というビッグニュースについて、書類の真偽についてTheHill紙がマカフィー氏の個人ウェブサイト経由で確認したところ、選挙キャンペーンを統括しているとみられるカイル・サンドラー氏という人物から「立候補は事実である」との回答を得たとのこと。マカフィー氏は新党の創設について近く発表する見込みであることも明らかにしたそうです。

なお、マカフィー氏の提出資料は以下のサイトで確認できます。

201509089001618254 FEC FORM 2 STATEMENT OFCANDIDACY.pdf
(PDFファイル)http://docquery.fec.gov/pdf/254/201509089001618254/201509089001618254.pdf


マカフィー氏といえば、滞在中のベリーズで殺人容疑をかけられた後、警察の包囲網を見事にかいくぐり、心臓発作を起こしながらも一命をとりとめてグアテマラに亡命、その後にアメリカに帰国するなど、波瀾万丈の人生を送ってきたことは以下の一連の記事で確認できます。

殺人事件で手配中の「McAfee(マカフィー)」創業者、メキシコ国境で身柄拘束か - GIGAZINE


マカフィー創業者がベリーズ当局の追跡をかわしてグアテマラに無事入国、元司法長官を味方陣営に引き込む - GIGAZINE


マカフィー創業者がグアテマラへの不法入国で逮捕後に病気で入院 - GIGAZINE


WIREDの取材に対してマカフィー氏は、「もともとは周辺の政治家を支援することを計画していたが、予想外にも私を推す強い声があった。大統領選への出馬を求める手紙も数多くもらっている。そのため自らの出馬を決意した」と述べ、出馬した最大の理由については、「現在の合衆国政府がインターネットなどの技術についてあまりにも無知で、その結果、中国による政府関係者情報の大量ハッキング被害を招いた」と糾弾しつつ、「アメリカ政府はAppleなどのハイテク企業にバックドアを作らせて情報を収集している」と主張した上で、セキュリティ会社McAfee創業者で技術に明るい自身が大統領として適任であると説明しています。

過激な発言と衰えない人気で共和党の有力候補として存在感を見せつけるドナルド・トランプ氏に加えて、マカフィー氏が立候補を表明したことで、2016年アメリカ合衆国大統領選はますます世界中から注目を集めそうです。

・関連記事
中国によるハッキングにアメリカが報復を決意、サイバー抑止力による「第2の冷戦」到来か - GIGAZINE

殺人事件で手配中の「McAfee(マカフィー)」創業者、メキシコ国境で身柄拘束か - GIGAZINE

マカフィー創業者がベリーズ当局の追跡をかわしてグアテマラに無事入国、元司法長官を味方陣営に引き込む - GIGAZINE

マカフィー創業者がグアテマラへの不法入国で逮捕後に病気で入院 - GIGAZINE

ユーザー監視用バックドアの存在が発覚したiOS、Appleはバックドアを否定するべく機能解説ページを公開 - GIGAZINE

167

in メモ, Posted by logv_to