Galaxy S6 edgeの大画面&高性能版「Galaxy S6 edge+」は謎のキーボードをオプションで準備


Samsungがアメリカ・ニューヨークで開催された新型スマートフォン発表イベント「Galaxy Unpacked 2015」で、現行フラッグシップモデルの「Galaxy S6 edge」の性能を引き上げた上に、大画面5.7インチディスプレイを採用した新フラッグシップモデル「Galaxy S6 edge+」を発表しました。

Galaxy S6 edge+ | PRODUCT INFO | Samsung Mobile Press
http://www.samsungmobilepress.com/2015/08/13/Galaxy-S6-edge

Galaxy S6 edge+はGalaxy S6 edgeからどう進化しているのかは以下のムービーで確認できます。

Samsung Galaxy S6 edge+ : Official Introduction - YouTube


Galaxy S6 edge+は5.7インチ(2560×1440)の有機ELデュアルエッジディスプレイを搭載。


5.1インチディスプレイのGalaxy S6 edge(左)と比べると、ディスプレイが巨大化したのがよく分かります。


サイドエッジディスプレイをフル活用できるのはGalaxy S6 edgeと同様。


F値1.9のフロントカメラは500万画素。


ガラスとメタルで描く絶妙なカーブラインはGalaxy S6 edgeとまったく同じ。


エッジディスプレイを横からスワイプするとお気に入りコンテンツを登録できるインスタントアクセス機能を搭載。


エッジにアプリのショートカットを最大で5つ配置できる「App Edge」機能を新たに採用。ただし、5.7インチに巨大化されたディスプレイのため、左手での操作はほぼ不可能になっていると思われます。


エッジからエッジへとアイコンをスワイプしてアプリを選択できます。


5.7インチ(2560×1440、518ppi)の高解像度、高精細ディスプレイでのムービー閲覧は快適。


Galaxy S6 edge+は3Dゲームも楽々こなすハイパワーを持っています。


1600万画素のリアカメラも高性能。


これはYouTubeでライブストリーミング中継している様子。


裏面照射型CMOS採用で、ローライトモードでもきれいに撮影できます。


90分間でフル充電でき……


ワイヤレスでも120分間でフル充電できます。


Galaxy S6 edgeの高性能モデルがGalaxy S6 edge+です。


Galaxy S6 edge+は5.7インチ(2560×1440、518ppi)の有機ELデュアルエッジディスプレイを採用。サイズは縦154.4mm×横75.8mm×厚さ6.9mmで重さが153g。SoCはSamsung Exynos 7420(Cortex-A57 2.1GHz×4+Cortex-A53 1.5GHz×4のオクタコア)でメモリはLPDDR4の4GB、ストレージは32GB/64GB、フロントカメラは500万画素という「Galaxy Note 5」と同等の超強力スペックで、5.1インチモデルGalaxy S6 edgeを上回る性能を誇ります。なお、OSはAndroid 5.1 Lollipopを採用。


リアカメラは1600万画素裏面照射型CMOS搭載で光学式+電子式の手ブレ補正機能搭載。また、バッテリー容量は3000mAhで、Wi-FiがIEEE802.11 a/b/g/n/ac(2×2 MIMO)、Bluetooth 4.2、NFC、指紋決済機能Samsung Payに対応しています。


さらに、Androidスマートフォンとして現時点で最高の性能を誇るGalaxy S6 edge+には、キーボード付きカバー「Keyboad-Cover」がオプションで用意されています。

Samsung Galaxy S6 edge Plus Keyboard Cover deutsch HD - YouTube


Galaxy S6 edge+の右に見えるのがオプションの物理キーボード。


まずは背面に……


薄いカバーを装着。


カバーを装着した状態で、物理キーボードを装着します。


なおキーボード裏はこんな感じで、Galaxy S6 edge+とはBluetoothで接続します。


キーボードをパチリ。


まるでBlackBerryのような外観に変身。


物理キーボードでポチポチ快適なタイピングが可能です。


圧倒的高性能を誇るGalaxyフラッグシップモデル「Galaxy S6 edge+」は、グローバルモデルが2015年8月21日に発売され、日本での登場も期待できそうです。

・関連記事
8コア&4GBメモリの強力性能のペン付きスマホの新型フラッグシップ「Galaxy Note 5」が登場 - GIGAZINE

両側曲面ディスプレイ&独自開発64bitオクタコアSoC搭載の「Galaxy S6 edge」レビュー - GIGAZINE

Galaxy史上最薄を実現し64bit対応オクタコアCPU搭載の「Galaxy S6&S6 edge」フォトレビュー - GIGAZINE

Samsungの新フラッグシップ機「Galaxy S6」と「iPhone 6 Plus」のカメラを比較するとこうなる - GIGAZINE

側面がグニっと曲がったディスプレイを持つスマホ「GALAXY Note Edge」速攻ムービー&フォトレビュー - GIGAZINE

5.7インチの「GALAXY Note 3」新登場、実際に手に持って使うとこうなる - GIGAZINE

65

in モバイル,  ハードウェア,  動画, Posted by logv_to