TwitterのDMが140文字制限をついに廃止


2015年7月からTwitterダイレクトメッセージの140文字制限が撤廃されると言われていましたが、「今日ダイレクトメッセージをチェックした人は何かがなくなっていることに気づくはず」ということで、現地時間の8月12日、ついにダイレクトメッセージから文字制限がなくなったことが発表されました。

Removing the 140-character limit from Direct Messages | Twitter Blogs
https://blog.twitter.com/2015/removing-the-140-character-limit-from-direct-messages

ツイートが多くの人に向けて言葉を発信する公的なツールであるのとは対照的に、ダイレクトメッセージは特定の人とメッセージのやりとりを行う私的なツールです。そこで、「Twitter上で行われる何百万もの投稿をきっかけに、より会話を盛り上げて欲しい」という考えからダイレクトメッセージの文字制限が撤廃されたとのこと。今回の仕様変更を皮切りに、今後、Twitterはプライベートなツールとしての側面をより深めていくとしています。なお、ツイートの140文字制限はこれまでと変わらず継続中です。

Twitter公式アカウントでは「ダイレクトメッセージは今や140文字を越えられます。長い文章で自分自身を表現し、どうぞ詩的になってください」という投稿が行われ、多くの人が仕様変更について「すばらしい」とコメントしていますが、一方で「アプリで試してみたけど140文字制限がついたまま」という人もいるようです。

実際にiOSアプリで確認してみたところ、まだテキスト欄に「140」という文字が入ったままで制限は撤廃されていないようですが……


撤廃されれば、以下のように140という文字が消えます。


これまでは分割して送らなければならなかった長文メッセージが1つのダイレクトメッセージでまとめて送れるようになるわけです。


なお、ブラウザ版Twitterを確認してみたところ、「140」という文字はなくなっていました。ダイレクトメッセージの仕様変更はブラウザ、iOSアプリ、Androidアプリ、TweetDeck、Twitter for Macで開始しており、数週間かけて行われるとのことです。

・関連記事
Twitterが壁紙の表示を廃止、今後は一部画面での表示のみに仕様を変更 - GIGAZINE

Twitterで自分が普段どういった発言をよくしているのかが露骨にわかる「テキストマイニング」ツールの使い方 - GIGAZINE

Twitterがクオリティの低いツイートを非表示にする機能をテスト中 - GIGAZINE

自分のTwitterのログイン履歴などをチェックし不正アクセスで乗っ取られたかどうかわかる「Twitterデータ」使い方まとめ - GIGAZINE

「Twitterのタイムラインをサマーウォーズ風に表示する何か」を使ってみた - GIGAZINE

in ソフトウェア, Posted by logq_fa