メモ

ほんの数十年前までランニングするのは変人で警察の職務質問のターゲットだった

By Chris Hunkeler

今や最も手軽なエクササイズとして人気のジョギング(ランニング)ですが、これほど一般的に普及したのはほんの数十年前のことで、それまでは不審な行動として警察に呼び止められることもあったそうです。ランニングがどのようにして一般的になり普及したのかについては、意外なストーリーがあります。

When running for exercise was for weirdos - Vox
http://www.vox.com/2015/8/9/9115981/running-jogging-history

1968年にアメリカ・サウスカロライナ州でストーム・サーモンド上院議員が警察に職務質問を受けました。その理由はサーモンド議員がランニングをしていて不審者とみなされたからというもの。この出来事から、当時、ランニングというトレーニングは一般的に普及していなかったということがよく分かります。

今では誰もが健康維持やダイエットを目的として、手軽に行っているランニングですが、1960年代のアメリカでランニングをエクササイズとして行う人は皆無で、トレーニングとしてランニングする人は、ボクサーや一流のアスリートに限られていたそうです。

By Gregor

最初にエクササイズやトレーニングとしてランニングする人を「Jogger(ジョガー)」と名付けたのはシカゴ・トリビューン紙だと言われています。ランニングという趣味を始めた人が増えたことを「奇妙なこと」として伝えた同紙は、ランニングする女性のファッションが奇抜であったことを伝えています。なお、ジョガー名付け親の同紙の当時の記事によると、「ランニングを楽しむ人たちは、警察の職務質問を避けるために、夜ではなく午前中に走るようになった」とのこと。

1968年にはブームになりつつあったランニングについて、警察が対応に苦慮していたという記録も残されています。ニューヨーク・タイムズ紙は、1968年にコネチカット州で高速道路を走るランナーが警察に捕まり違反切符を切られたという事件について報じています。

1968年に新聞に取り上げられるほどアメリカでメジャーな存在になりつつあったランニングが、いつ、どのようにして始まったかについては、ビル・バウワーマン氏がニュージーランドで「ランニング」を発見して"輸入"したことに始まる、という説が有力です。なお、バウワーマン氏は当時、オレゴン大学の陸上コーチとして手腕が広く全米中に知られていた名トレーナーで、後にスポーツウェアメーカーのNIKEを創立することになる人物です。


バウワーマン氏の著書「Jogging: A Physical Fitness Program for All Ages(ジョギング:あらゆる年代の人に有効なフィットネスプログラム)」には、バウワーマン氏が1962年にニュージーランドを旅行したときに出会ったジョギングコーチのアーサー・リディアード氏にジョギングという万人向けのトレーニングプログラムを教わり、これをアメリカに持ち帰ったことが記されています。バウワーマン氏はランニングのトレーニングとしてのすばらしさに気づき、1966年にJogging: A Physical Fitness Program for All AgesをW.E.ハリス博士と共に出版しています。

バウワーマン氏のランニング啓蒙運動が奏功したのは、ランニングというトレーニングが女性のウェストラインを細めたり、血管の健康を増進したりと、老若男女、あらゆる年代の人を問わず効果を発揮したから。Jogging: A Physical Fitness Program for All Agesでの医学専門家によるテストによって健康に効果的であることが確かめられ、さらにスポーツ選手や有名人がランニングに取り組むようになると、一気に世間に浸透し、ランニングはスポーツのメインストリームに躍り出たというわけです。

By Ivan Bandura

あるジョガーはニューヨーク・タイムズ紙に対して、「最初は誰もが変な目で見るのじゃないかと思ったし、実際にその通りでした。けれど、誰もののしる人はいなかったし、走るのが楽しくなりました」と感想を寄せています。

その後、1970年代にNIKEなどのスポーツメーカーがこぞってランニング用のトレーングウェアを発売すると、ジョガーたちはこぞって買い求めました。なお、トレーニングウェアを着ることでランニングしやすいという効果だけでなく、警察の職務質問を回避できるという副産物をも生み出したそうです。


古くから動物の動きとしてありふれたランニングという行為を、余暇を過ごし楽しむためのものとして人間が始めたのは、意外なほど最近で、警察に不審者扱いされるなど、市民権を得るまでに今では信じられないような出来事があったようです。

・関連記事
今までのランニングを一変させる世界初ウェアラブルパワーメーター「Stryd」 - GIGAZINE

ランニングマシン付きデスクを416日間使った結果レポート - GIGAZINE

運動時、私たちの脳に何が起きてどのように幸福感をもたらしているのか? - GIGAZINE

軽い運動でも睡眠の質を劇的に改善することが判明 - GIGAZINE

有名メーカー製のスポーツ用Tシャツより涼しく30%乾きやすいことを保証するTシャツ「SIVILスポーツTシャツ」 - GIGAZINE

in メモ, Posted by logv_to