次期「iPhone 6s」のディスプレイ部品がリーク、iPhone 6との違いは?


iPhoneの次期モデル・通称「iPhone 6s」に採用されるとおぼしき前面パネルが製造現場ごとリークされましたが、今度はiPhone 6s用のディスプレイがリークされ、前モデルのiPhone 6のディスプレイと比較したムービーが公開されています。

iPhone 6s screen leaked exclusive on video! Reviewed and Unboxing / MacManiack.com - YouTube


小さな段ボール箱の中から……


真っ白な長方形の箱が登場。


白い箱を開封。箱のフタには「6S」と書かれています。


袋に包まれたディスプレイを取り出します。


背面は真っ赤。


「赤枠部分に写っている部品は感圧タッチ(Force Touch)用のチップだろうか?」とMacManiackは予想。


ディスプレイ下部からは短いケーブルがぴょろんと飛び出しています。


iPhone 6s用のディスプレイ(左)とiPhone 6のディスプレイ(右)を並べてみると以下のようになっていて、縦横のサイズは全く同じ。


iPhone 6s用のディスプレイは、上部のコネクタのうち1本は先端部分が横向きで、もう1本は縦向きになっています。一方のiPhone 6用ディスプレイでは、ケーブルの先端は2本ともディスプレイに対して水平方向を向いています。


ホームボタンに搭載されたTouch ID用のケーブルは、iPhone 6sではまっすぐであるのに対して、iPhone 6ではディスプレイに沿ってケーブルが曲げられています。


ディスプレイサイズはまったく同じ。


フレームの薄さも前モデルから変わらないようです。


Mac製品関連のメディアである9to5Macは「感圧タッチが採用されることにより、弱いタップと強いタップを使い分けてアプリ内の操作をより素早く行うためのショートカットが可能になる」と予測しています。例えば、地図アプリでディスプレイを強くタップして目的地への道案内を即座にスタートさせたり、ミュージックアプリでワンタップだけで曲をプレイリストに追加したり、ホーム画面でアプリアイコンを強くタップしてアプリ内の操作を直接行ったりする、といった機能が搭載される見込みです。

また、iPhone 6 Plusは薄い作りゆえにポケット内で曲がってしまう事例が多発していましたが、AppleによるとiPhone 6sではディスプレイ背面の強度を高めることで端末が変形しないように再設計を行ったとのこと。実際にiPhone 6s用のリアパーツを入手した人によると、ホームボタンや音量調整ボタンの周辺が従来の薄さ1.14mmから1.90mmへと分厚くなっていたそうです。しかし、リアパーツの重量は27グラムから25グラムに減少しており、Mac Rumorsは「Appleが強度に優れた新しいアルミニウム合金を使っているのではないか?」と予想しています。

・関連記事
次の「iPhone 6s」は9月9日発表と報じられる、気になる他の新製品は? - GIGAZINE

「iPhone 6s」の前面パネルが製造現場ごとリークされる - GIGAZINE

次期iPhoneは「感圧タッチ(Force Touch)」ディスプレイを採用、まもなく製造開始 - GIGAZINE

iPhone 6に「曲がる」「髪の毛が挟まる」に加えて「変色する」問題が新たに発覚 - GIGAZINE

曲がったiPhone 6 Plusを真っ直ぐ平らに元通りに修復する「gTool PanelPress」 - GIGAZINE

80

in モバイル,  ハードウェア,  動画, Posted by darkhorse_log