ハードウェア

4K/60fpsで360度全方位をムービー撮影できるボール型カメラ「Sphericam 2」


テニスボールよりも小さな多角形型のデザインで、6つのレンズ&センサーや、4つのマイクロフォンを搭載し、周囲360度を捉えた60fpsの4K映像を撮影できるのが「Sphericam 2」です。タブレットやスマートフォンのほか、VRヘッドセットにも対応しているので、Sphericam 2で撮影した動画があれば、家にいながらにして外の世界を360度体感できるという、引きこもりにも最適なアイテムとなっています。

Sphericam 2, the 4K 360º Video Camera for VR by Jeffrey Martin — Kickstarter
https://www.kickstarter.com/projects/1996234044/sphericam-2-the-4k-360o-video-camera-for-virtual-r

Sphericam 2がどんなアイテムなのかは以下のムービーから確認できます。


パジャマ姿で歩く男性。夢遊病患者のように目を閉じたままフラフラとした足取りです。


手にはSphericam 2がついた一脚を持っています。


Sphericam 2を持ったままボートの中へ。


電車の中。


犬の散歩も。


みんなでバーベキューをしている最中でも……


眠った状態でSphericam 2を持っています。


お肉をもらうと……


犬がもぐもぐ。


バーで乾杯する瞬間も、やはりパジャマ姿で眠っていました。


しかし、本人が例え眠っていても、Sphericam 2が全て見ています。


「そこにいなくても、そこにいる」ことができるのがSphericam 2というわけです。


撮影した映像はスマートフォンやタブレットで360度確認可能。


VRヘッドセットを使えば、さらに高度な没入体験ができるわけです。


Sphericam 2は一脚をつけたり……


付属の脚をつけて衝撃に備えたりも可能。


もちろん手で持ってもOKです。


ということで、これがSphericam 2。色はブラックとグリーン、そしてムービーに写っているシルバーがあります。


1個につきレンズ&センサーは6個搭載。直径は66mmと小さめで、重さは400gほど。三脚用のネジ穴が8個とMicro-USBポートが1個あり、バッテリーは2800mAh、解像度は4Kの4096×2048ピクセルで、ムービーのフレームレートは30fpsと60fpsから選べ、ヌルサクの4K画質映像を撮影することが可能です。ムービーは最高90分撮影でき、ライブストリーミングも行えます。


構造は以下の通り。多角形のデザインで、それぞれの面にオン・オフボタンや三脚マウント、Micro-USBポート、レンズなどがついています。図には描かれていませんが、このほかmicroSDカードスロットは6つ、Wi-Fiボタン1つがついており、マイクロフォンも4つ内蔵されています。


実際にSphericam 2が撮影した映像は以下から確認可能。マウスでドラッグしたり、スマートフォンやタブレットの向きを変えたりすることで、360度どこでも見渡すことができます。

sphericam 2 360 video sample "beach" - YouTube


以下のような感じで、まるで小さな惑星の上を車が走っているような不思議な映像も撮影できます。

Sphericam 2 - Little Planet View (Airplane) - YouTube


セットになっている「脚」を取り付けるとこんな感じ。なお、脚はカメラに写らないとのこと。


テニスボールよりも小さいサイズなので、カバンに入れての持ち運びも楽ちん。マウントを使えば自転車やヘルメットなど、色んなところに装着して撮影できるわけです。


わんこの背中につけてもOK。


オプションとして専用の三脚や……


一脚もあります。


いろんなところにSphericam 2を取り付けられるマジックアームはこんな感じ。


一脚を背後に背負える専用のカバンまであります。


なお、Sphericam 2は製品化のために現在出資を募っている最中で、目標額15万ドル(約1850万円)のところ既に41万6000ドル(約5100万円)以上を集めることに成功しています。1399ドル(約17万円)の出資でグリーンのSphericam 2を保護ケース付きでもらえるプランがありますが、これは記事作成時点において150枠あるうち残り45枠。1699ドル(約21万円)出せばグリーン・ブラック・シルバーのいずれかのSphericam 2を保護ケース・取り外し可能な「脚」・カーボンファイバー製の一脚・マジックアームや自転車用マウントとセットでゲット可能です。発送時期は2015年の12月を予定しており、日本への発送が行われる場合は別途送料が発生するので注意。出資額を上げると2015年10月に一足早くゲットできるプランもあります。


なお、締切は日本時間で2015年7月30日(木)の21時37分です。

Sphericam 2, the 4K 360º Video Camera for VR by Jeffrey Martin — Kickstarter

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「Kickstarter」へ出資してゲットする方法&出資しまくった経験からわかった注意点まとめ - GIGAZINE

ぽーんと空中に放り投げるだけでパノラマ360度写真が撮影できるボール型カメラ「Panono」 - GIGAZINE

周囲360度のパノラマ写真を放り投げて撮影するボール型カメラ - GIGAZINE

360度&108メガピクセルのパノラマ写真をボールのように投げて撮影する「Panono」撮影会に行ってきました - GIGAZINE

周囲360度を捉える全天球カメラ「RICOH THETA」を使ってみました - GIGAZINE

YouTubeがついに360度カメラの映像アップロードをサポートへ - GIGAZINE

周囲360度のフルHDムービーが生配信可能で防水仕様のカメラ「360cam」 - GIGAZINE

周囲360度全方位をスマホでリモート撮影可能なアクションカメラ「PIXPRO SP360」レビュー - GIGAZINE

in ハードウェア,   動画, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.