あまりにも形容し難いチョコミント具合の「ボスカフェ チョコミント」がローソン限定で発売されたので飲んでみた


サントリーの「ボス」シリーズから、公式ページに載らないほどひっそりとチョコミント味が登場しています。コーヒーっぽくない淡い水色のパッケージに包まれた「ボスカフェ チョコミント」はローソン限定販売となっており、どんな飲み物になっているのか気になったので実際に買って飲んでみました。

これがローソン限定で販売されている「ボスカフェ チョコミント」。淡い水色のパッケージで、パッと見ただけではコーヒーに見えません。


裏面を見てみると、「コクがあるのにベタつかない洗練された味わいの『BOSS CAFE』。<チョコミント>は、まろやかなミルクのラテとミントチョコレートがマッチした、爽やかな味わいです」と書かれており、期間限定商品となっていました。


原材料には牛乳、砂糖、コーヒー、植物油脂などが並んでおり、特にチョコレートやミントの記載はありません。一番最後に「香料」とあるので、ここに含まれているようです。


フタを開けた瞬間にミントの香りが広がる……かと思いきや、ほとんど匂いはなく、鼻を飲み口にくっつけてくんくんすると、かすかに人工的なチョコレートの香りとコーヒーの香りがありました。


コップに注いでみると、色はノーマルなカフェオレの色。


ということで一口飲んでみたのですが、飲む前に頭の中でチョコミントアイスの味を想像していると、「……???」とミントがうまく認識できませんでした。「そういえば少し口当たりがひんやりしているかな……?」という程度で、違和感は感じるものの、知らずに飲んだら何味かわからないくらいです。


しかし、ごくごく飲み続けていくと、液体が喉を通り過ぎていく瞬間にひんやりした爽快感があり、段々とミントの雰囲気が確立されていきます。ただしミントとコーヒーの味が強いのでチョコレートの味はほとんど感じられず、チョコミント特有の「歯を磨きながらチョコレートを食べてるみたいな味わい」はありませんでした。


ということで、ボスカフェの「ホワイトラテ(真ん中)」と「ダークプレッソ(右)」と飲み比べてみました。


ホワイトラテはやや甘めでミルクのまったりした口当たりを感じます。苦みはほとんどなく、どちらかというと優しい味わい。


ダークプレッソはホワイトラテに比べると甘みが少なく、反対にキリッとした苦みが際立っています。甘ったるさがないのですっきりした後味でした。


単体だと今いちミント感がわからなかったチョコミント味のボスカフェですが、ホワイトラテ、ダークプレッソと飲んで、最後にもう一度飲んでみたところ、ミントの風味がよく感じられました。なので、いつもボスのカフェラテを飲んでいる人であれば「これはチョコミント!」と直観できるのかも。チョコミント味のボスカフェは甘さ的にはホワイトラテと同等なのですが、ほんのり感じる苦みやすっきりした後味はダークプレッソ寄りで、2つのいいとこ取りをしたカフェラテにミントフレーバーを振りかけてスッキリさせている感じです。


なお、内容量は350mlで、価格は税込162円。チョコミントを全面に出していない独特の仕上がりになっており、複数の編集部員に飲んでもらったところ「不快な味」と言う人から「これはいける!」とコメントするチョコミント好きまでさまざまで、好き嫌いはかなり分かれそうですが、チョコミント好きなら一度試すべき商品です。

・関連記事
徹底的にミントリキュールとチョコにこだわり自作のチョコミントを作ってみた - GIGAZINE

練乳入りがくせになるベトナムコーヒーが自宅で楽しめる「ベトナムコーヒーセット」を使ってみた - GIGAZINE

空気の力で豆のうまさを最大限に引き出すというコーヒーマシン「AeroPress」を使ってコーヒーを淹れてみました - GIGAZINE

お湯を注いで4分放置するだけで本格コーヒーが完成、30分以上も保温可能なコーヒーメーカー「Cafesolo」 - GIGAZINE

コーヒーを愛する人たちの物語と6通りのコーヒー抽出法がわかるショートムービー - GIGAZINE

世界的フリスビーメーカーが世界的コーヒーマシンを作ることになった経緯とは? - GIGAZINE

不眠症の解消や脳の活性化など、もっとコーヒーを飲むべき理由いろいろ - GIGAZINE

888

in 試食, Posted by logq_fa