試食

0kcalでスッキリした味のエナジードリンク「モンスターウルトラ」を飲んでみた


「モンスターエナジー」は黒い缶に緑色の爪痕がプリントされた355mlという大容量のエナジードリンク。これまでオレンジジュース味の「カオス」、コーヒー飲料をエナジードリンクにしてしまった「コーヒーモンスター」、モンスターエナジーと同じ成分を150mlに凝縮した「M3」といったフレーバーがありましたが、2015年7月21日(火)からゼロkcalでスッキリした味わいの「モンスターウルトラ」が新登場しました。発売日前にモンスターウルトラをゲットできるキャンペーンでは予想を超えるアクセスにキャンペーンサイトが落ちるほどの人気っぷりだったので、一体どんなフレーバーになっているのか、実際に飲んでみました。

Monster Energy® | ホーム - 白いモンスター登場。「モンスターウルトラ」7/21新発売!
https://www.monsterenergy.com/#!/news%3A721

「モンスターウルトラ」をゲットしてきました。


新デザインには特徴的なシンボルである大きな爪痕が描かれていますが、真っ白で爽やかなデザイン。


プルタブは黒で、ココにもモンスターの爪痕が刻まれています。


手に持つとざらっとした感触があり、よく見ると植物のツタのようなモノが描かれていました。


原材料には従来のモンスターと同様にエナジーを与えてくれる高麗人参エキス、L-カルニチンL-アルギニンや各種ビタミンが入っています。内容量は355mlで、エネルギーはゼロkcalなので、気軽にエナジーを補給できるのがうれしいところ。100ml中に含まれるエナジードリンクの有効成分はL-アルギニンが125mg、高麗人参が85mg、L-カルニチンが29mg、カフェインが40mgです。なお、レッドブルには100ml当たりアルギニンが120mgで、カフェインが1缶に80mg含まれているので、355mlのモンスターは含有成分量と価格で見ると少しお得なのです。


というわけでプシュっと開封。


どんな色をしているのかコップに移してみます。オリジナルのモンスターは茶色でいかにもエナジードリンクな色ですが、モンスターウルトラは真っ白なドリンクでした。


「モンスターウルトラ」のシュワシュワ具合は以下のムービーを見るとわかります。

「モンスターウルトラ」のシュワシュワ具合はこんな感じ - YouTube


飲んでみると、フルーティな香りが爽やかですが、割と強烈に甘味料の甘みが感じられます。緑色のモンスターとは全く異なるフレーバーで、ヨーグルトのような軽い酸味があり、暑いときにゴクゴクと喉の乾きを癒やしてくれそうなエナジードリンクになっていました。一缶を丸ごと飲むと目がさえるような気がしたので、「もう一踏ん張り」なときにオススメです。

・関連記事
日本オリジナルで新登場したレッドブルのトロピカル味「Red Bull Energy Drink SUMMER EDITION」を飲んでみた - GIGAZINE

57カ国以上で飲まれる米国No.1エナジードリンクが上陸「モンスターエナジー」試飲レビュー - GIGAZINE

野菜や果物を使った4色のエナジードリンク「スパークリングエナジーカラーズ」をバーガーキングで飲んでみた - GIGAZINE

レッドブルがボトルになってキャップも付いた「レッドブル・エナジードリンク 330ml アルミボトル」を飲んでわかった新ボトルデザインの効果とは? - GIGAZINE

八角・棗など日本古来のスパイスを使用したエナジードリンク「SAMURIDE ENERGY DRINK」を飲んでみました - GIGAZINE

世界85の国と地域で愛飲されているエナジードリンク「burn」日本初上陸 - GIGAZINE

神戸発のエナジードリンク「Seeker」を色々な割り方で飲んでみた - GIGAZINE

in 試食,   動画, Posted by darkhorse_log