Bitcoin(ビットコイン)2015年上半期のトレンドを分析

By BTC Keychain

2009年に運用が開始されたインターネット上の仮想通貨「Bitcoin(ビットコイン)」は、世界全体の7割を越えるビットコイン取引を誇った世界最大の取引所Mt.Gox(マウントゴックス)が2014年に倒産したことでイメージダウンしたものの、Microsoftや楽天グループが一部支払いに応じるなどで少しずつ信頼を回復しながら2015年へと突入しました。2015年に入ってから約半年が経過した7月に、利用者に代わってウォレットを管理するウェブサービスのCoinbaseがBitcoin(ビットコイン)2015年上半期のトレンドのレポートを公開しています。

Bitcoin Trends In The First Half Of 2015
https://blog.coinbase.com/2015/07/15/bitcoin-trends-in-1h-2015/

下記グラフは2011年1月から2015年7月までの、ビットコインの対ドル交換レートを表したもので、2013年7月ごろまでは大きな変動がなかったものの、2014年1月には突然1000ドル(当時のレートで約10万円)を突破。半年後の2014年7月までに急激に下降してから少しだけ上昇し約650ドル(約8万円)を記録。その後2015年1月にかけて約300ドル(約3万7000円)まで下落しました。ただし、2015年上半期は大きく上下落することなく、2015年7月13日時点で288ドル(約3万6000円)に落ち着いています。Coinbaseによれば、2015年上半期のビットコインの交換レートは安定期に入ったとのこと。


交換レートの変動率を表す価格変動率の移り変わりは以下の通り。2011年1月は約150%で、そこからじわじわと下降し2013年3月頃には50%を記録。その後は2014年1月にかけて150%付近まで上がりますが、再び下がり始めて2015年1月は約60%。ただし、2015年上半期は価格変動率に大きな動きは見られず、2015年7月時点で58%となっています。なお、米ドル/円の1995年から2015年までの1年ごとの価格変動率はココからチェック可能で、21年間での平均変動率は約17%です。


以下のグラフは1日のビットコイン取引量をグラフ化したものです。2011年後半から2015年にかけて、取引量がどんどん増えているのがわかりますが、2015年4月を過ぎたあたりから取引量が倍近くまで増加。2015年6月の1日平均取引量は11万7474ビットコインで、これは1ビットコイン288ドルの計算で約42億円になります。


Coinbaseは190カ国以上のウォレットに対応し、実際に同サービス上で売買を行っているのは25カ国からのユーザーで、ビットコインを使用するユーザーの数は年々増加しています。1000人以上のビットコインユーザーを有する国と地域の内、2015年上半期にユーザー数を最も伸ばしたのが香港。2014年度末と比較して増加率は283%で他国を圧倒しています。香港の次に増加率が高かったのはタンザニアで154%。その後にフィリピン、ルーマニア、アルジェリアが約100%の横並びで続きます。


以下の円グラフは、Coinbaseにおける全ユーザーの年齢別割合を示したもの。最も多いのは25~35歳で37.78%。2番目に多いのは15歳から25歳で28.47%となっています。反対に75歳以上のユーザーは全体の0.49%しかいませんでした。


GitHubにおけるビットコイン関連のリポジトリは、年々増加し続け2015年6月30日時点で6109件。オンライン決済サービスPayPalのリポジトリが2318件であることを考えると、ビットコインはかなり多いと言えそうです。


以上がBitcoin(ビットコイン)2015年上半期のトレンドですが、半年間の間にビットコインに関するニュースも多々あったわけで、その中でも注目度が高いものをピックアップしてみました。

◆アメリカのニューハンプシャー州で2015年2月にビットコインによる税金および手数料の支払いを認める実施計画が登場。ついに税金までビットコインで支払える時代に突入する可能性がでてきました。

Bill Text: NH HB552 | 2015 | Regular Session | Introduced | LegiScan
https://legiscan.com/NH/text/HB552/2015


◆アメリカの司法省は、違法薬物や盗難クレジットカード情報の売買などが行われていた闇サイトのシルクロードを潜入捜査していた元捜査官2名を、不正送金および資金洗浄の罪で2015年3月30日に訴追。訴追された内の1人であるカール・フォース元捜査員は、約70万ドル(約8600万円)に相当するビットコインをマウントゴックス経由で個人口座に移動させたとのことで、同年7月に懲役20年が科されることが決まりました。

Silk Road: Undercover agent admits stealing Bitcoin - BBC News
http://www.bbc.com/news/technology-33364349


◆オンライン決済サービスのStripeがビットコイン決済に対応。2015年5月19日にはStripeが日本での展開のために日本語ページを開設しており、Stripeが日本でサービスを開始すると、日本からでもビットコイン決済が簡単に利用できる可能性があります。

Stripe: Bitcoin
https://stripe.com/bitcoin


◆Coinbaseは2015年6月にビットコインのインスタント決済サービスを発表しました。通常の決済では、ビットコインを現金に両替するときに、交換レートの乱高下により為替差損が生じる場合がありましたが、Coinbaseのインスタント決済は当日のレートで決済し即日両替して現金が振り込まれるというもので、乱高下による影響を受けなくなるサービスとして期待されています。

Coinbase Launches Instant Exchange
https://blog.coinbase.com/2015/06/17/instant-exchange/


◆マサチューセッツ工科大学は2015年6月30日にビットコインの影響を色濃く受けた分散型クラウドコンピューティング技術「Enigma」のホワイトペーパーとなるサイトを公開しました。ビットコインの共有ネットワークに存在するシェアとパブリックデータという要素に暗号データを加え、個人情報の保管・シェア・分析などを高度なセキュリティで保護することができ、インターネットにつきまとうプライバシーの問題を全て解決できる技術として注目を集めています。

Enigma
http://enigma.media.mit.edu/


◆セブン銀行とFXプライムbyGMOが、大量のデータを送りつけてサーバーを停止させてしまうDDoS攻撃を受けていたことが2015年7月13日に判明しました。セブン銀行に対しては攻撃をやめる条件としてビットコインでの支払い要求があったそうです。両社とも攻撃による個人情報の流出およびデータ破損などは「ない」としています。

セブン銀など2社にサイバー攻撃 サービスに一時支障:朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASH7F644PH7FULFA023.html

・関連記事
仮想通貨「Bitcoin」とは一体何か、どういう仕組みかが一発で分かるまとめ - GIGAZINE

約7.6億円分のBitcoinを保存したハードディスクが埋められて行方不明に - GIGAZINE

数万台のコンピューターを導入して行われるBitcoinマイニングの現状はこんな感じ - GIGAZINE

Bitcoinを簡単に盗み出すための3つのステップとは? - GIGAZINE

Bitcoinの草創期メンバーが仮想通貨に抱いた「夢」とは? - GIGAZINE

仮想通貨「Bitcoin」を完璧に理解するために知っておきたいことまとめ - GIGAZINE

Bitcoinの通貨価値は1BTC=13万円が妥当とバンクオブアメリカが発表 - GIGAZINE

44

in ネットサービス,  メモ, Posted by darkhorse_log