人々を自殺に追い込む謎の低周波音「Hum」の原因が明らかに

By Michael LaMartin

数十年にわたって世界中で観測されているのが謎の低周波音「Hum」です。そのメカニズムは解明されておらず、同じ場所でも聞こえる人と聞こえない人がいるという不可解な現象として知られていましたが、ついに騒音が発生する原因をフランス国立科学研究センターが突き止めました。

How ocean waves rock the Earth: Two mechanisms explain microseisms with periods 3 to 300 s - Ardhuin - 2015 - Geophysical Research Letters - Wiley Online Library
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/2014GL062782/abstract?campaign=wlytk-41855.6211458333

Have you heard 'the hum'? Mystery of Earth's low droning noise could now be solved - Nature - Environment - The Independent
http://www.independent.co.uk/environment/nature/have-you-heard-the-hum-mystery-of-earths-low-droning-noise-could-now-be-solved-10182111.html

世界中で発生して多くの人を悩ませている謎の低周波音「Hum」の詳細については、以下の記事で詳しく解説しています。

数十年以上にわたって世界中で発生しているのに未解決の低周波音「Hum」とは何か? - GIGAZINE


1970年の終わりごろにイギリスのメディアで「Bristol Hum」として取り上げられた不可解な騒音現象は、40年以上にわたって発生し続けており、Humによるストレスで自殺者が出た例も報告されています。1970年代のBBCの取材によると800万人がこの騒音による頭痛や不眠症などを訴えていましたが、Humの騒音が発生している地域でも全員が聞こえるわけではありませんでした。1990年代にAddenbrooke's Hospitalが「騒音は外部要因である」と発表するまでは、騒音を訴える患者の「聞き取り能力の問題」と診断されることもあったとのこと。

低周波音が発生する原因については、海底に敷設されたパイプラインや、携帯電話の電波塔・風力発電所・潜水艦の低周波通信・海洋生物などが挙げられていましたが、どれもHumが発生する現象を説明できるものではなく、詳しい原因については解明されていませんでした。

By Simon Roberts

そんなHumが発生する原因を突き止めたのはフランス国立科学研究センターの研究員であるFabrice Ardhuin氏。Ardhuin氏が発表した論文によると、海洋の波の圧力が海底に作用することで、地球全体に微小地震活動が発生しており、その結果Humのような低周波音が発生しているとのこと。低周波音を発生させている微小地震活動は13秒~300秒周期で起きているものですが、このとき発生する低周波音はほとんどの人には聞こえません。そのため、「一部の人だけが騒音に悩まされる」というHumの現象が起きてしまうというわけです。

Ardhuin氏は「私たちは長年続いている不可解な騒音のメカニズムを解明するという大きな一歩を踏み出すことができました」と話しており、今後解決策を生むための手がかりとなりそうです。

・関連記事
数十年以上にわたって世界中で発生しているのに未解決の低周波音「Hum」とは何か? - GIGAZINE

周囲の騒音でスマホのバッテリーを充電する技術をNokiaが開発 - GIGAZINE

音がない「静寂」は人間の体にどのような影響を与えるのか? - GIGAZINE

騒音を聞くと死んでしまう姉妹、運動はWiiで行う - GIGAZINE

地球を3周した「世界で最も大きな音」とは? - GIGAZINE

植物は音を「聞く」ことが可能と判明 - GIGAZINE

350

in サイエンス, Posted by darkhorse_log