自家製コーヒーゼリー&塩キャラメルソースを特大カフェオレとかけ合わせた「塩キャラメル ジェリコ」をコメダ珈琲で飲んでみた


コメダ珈琲店自慢のコーヒーをゼリーに仕立ててアイスコーヒーに混ぜたデザート風の春夏限定ドリンクが「ジェリコ」です。アイスコーヒー+コーヒーゼリー+ホイップのみの「プレーン ジェリコ」の他に、7月1日(水)からはアイスカフェオレにホイップと塩キャラメルソースを合わせた「塩キャラメル ジェリコ」がメニューに加わっているので、お店に行って飲んでみることにしました。

ジェリコ第二弾!「塩キャラメル ジェリコ」販売開始です 新商品・キャンペーン | 珈琲所コメダ珈琲店
http://www.komeda.co.jp/info/campaign.php

コメダ珈琲店に到着。


席に着いてメニュー表に「ジェリコ」シリーズを発見。ジェリコは春夏の季節限定ドリンクで、6月30日まで販売されていた「チョコナッツ ジェリコ」に代わって7月1日から「塩キャラメル ジェリコ」が新登場しています。


お昼時で店内が混雑していたため、注文から待つこと10分ほどで「塩キャラメル ジェリコ」(税込580円)が到着。


コメダ珈琲店のドリンクはサイズが巨大なものが多いのですが、塩キャラメル ジェリコもかなりのビッグサイズ。iPhone 5sをグラスの隣に立ててみると、塩キャラメル ジェリコの高さはiPhone 5sの約1.5倍ほどあり、グラスを手に持つとずしりと重みを感じます。


ドリンクの上には山盛りのホイップクリームがこんもり盛られています。ストローはコーヒーゼリーを吸いやすいように太めのものが用意されていました。


ホイップクリームの上に載っているのは、とろりとしたキャラメルソースとこんがり香ばしい薄焼きクッキー。


ドリンク部分は冷たいカフェオレで、細かくクラッシュされたコーヒーゼリーが浮かんでいます。


さっそくストローを使って飲んでみると、コーヒーゼリーはやわらかくプルンとした舌触りで、カフェオレと一緒にストローでちゅるちゅる飲むことができます。ほろ苦いアイスカフェオレとやや甘めのコーヒーゼリーが口の中で混ざってちょうどよいバランスで、普段コーヒーをあまり飲まない人もごくごく飲めそうなサッパリとしたドリンクに仕上がっていました。


ゼリーはスプーンですくって食べることもできますが、ストローで吸い上げられるほどの適度な固さなので、カフェオレと一緒に混ぜて飲むのがよさそうです。


キャラメルソースのかかったホイップクリームはミルクの風味が濃厚で、さらにキャラメルソースも輪をかけてドリンクの甘みを強めているのですが、キャラメルに混ぜてある塩がドリンク全体を引きしめている感じ。甘さ控えめのクッキーはパリパリとしていて食感のアクセントになっていました。


ホイップクリームとゼリー部分をスプーンですくい取って、デザートっぽく食べることもできます。


ドリンクを注文するとオマケとして小袋に入った豆菓子がついてきます。


コーヒーゼリーやホイップクリームで口の中が甘ったるくなっていたので、しょっぱい豆菓子は口休めにピッタリでした。

・関連記事
塩を振って食べるスイカ味のかき氷がコメダ珈琲店から新発売されたのでキャラメルミルク・はちみつレモンのかき氷と一緒に食べてみた - GIGAZINE

季節限定・甘さとほろ苦さが濃厚なコメダ珈琲店の「キャラノワール」を食べてきました - GIGAZINE

550円なのに飲めども減らない巨大アイスティーや巨大パフェが提供される「珈琲屋OB」に行ってきました - GIGAZINE

277

in 試食, Posted by darkhorse_log