ムービー

ソニーがかつて任天堂と共同開発したスーパーファミコン互換「PlayStation」の実機が見つかる


ソニーのゲームハードとして知られている「PlayStation(プレイステーション)」は、もともとはソニーが任天堂と共同開発していたスーパーファミコン互換のCD-ROM一体型ゲーム機の名前です。計画は結局、諸般の事情によって頓挫しましたが、すでに試作機が完成していたことからソニーはゲーム事業への進出を決定し、現在の地位の基礎を築くことになりました。この「スーパーファミコン互換・CD-ROM一体型ゲーム機」は世に出なかった幻の存在なのですが、海外でこの実機を入手した人物が、本物であることを証明するためのムービーを公開しています。

Nintendo SNES PlayStation finally uncovered! | ASSEMbler - Home of the obscure
http://assemblergames.com/l/threads/nintendo-snes-playstation-finally-uncovered.57166/

写真は、ASSEMblergamesのフォーラムにDnldbldというユーザーがアップしたもの。

角張ったスーパーファミコンのような筐体。「SONY」と「PlayStation」のロゴが入っています。


前面は電源スイッチとCD-ROMドライブのディスクトレイ・開閉ボタンが並んでいて、その下にヘッドホン端子・ボリュームダイヤル・コントローラー2つ分の端子があります。ちょっとプラスチックが変色していて、年代物であることを感じます。


背面の入出力端子はこんな感じ。スーパーファミコンと共通するマルチ出力端子が、兄弟的な存在だったことをうかがわせます。


スロットに刺さっていたソフトは「92.10.6. デモ用」というラベル付き。ソニーが任天堂との共同開発を諦め、単独でゲーム事業に進出することに決めた経営会議が1992年6月24日に行われたそうなので、その後の社内でのデモ向けに使われたものなのかも。


カセットには「Nintendo SUPER FAMICOM CASSETTE」の文字が。


コントローラーもスーパーファミコン用コントローラーと書かれていますが……


表面には「SONY」「PlayStation」のロゴ入りです。ロゴマーク自体はのちに正式採用された、PとSをモチーフにしたものとは別物。


写真だけでは本物であることが伝わらないからか、YouTubeで実機を触っているムービーも公開されています。

Nintendo Playstation Superdisc - YouTube


コントローラーは文字さえなければスーパーファミコンのものを持っているようにしか見えません。


コントローラーと本体


刺さっているカセットはスーパーファミコンのカセットそのもの


ムービーの中ではうまくピントが合っていませんが、カセット差し込み口ももちろんスーパーファミコンと同じ規格。


本体の大きさはこんな感じ、スーパーファミコンよりちょっと大きいぐらいでしょうか。


底面には拡張用スロットがついていました。


Dnldbldさんによると、これは彼の父親が持っていた「試作機」だとのことで、おそらく、任天堂に勤めていた知り合いのOlaf氏から父親がもらったものだろうと推測しています。残念ながら電源ケーブルがなくて起動したことがないため、カセットの中身が何なのかは未確認だとのこと。


この「Olaf氏」については、ソニー・インタラクティブ・エンタテインメントのCEOを1991年の設立から6年にわたって務め、PlayStationのソフト・ハード両面の展開を担当していたÓlafur Jóhann Ólafsson氏ではないかという意見が出ていますが、詳細は不明です。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
発売から16年、ソニーの「プレイステーション」シリーズの歴史を振り返る - GIGAZINE

任天堂のゲーム機の歴史をやたらポップでオサレな感じにまとめたムービー「History of Nintendo 2012」 - GIGAZINE

「僕たちは、今まで、何度、世界を救っただろう?」、ものすごい密度のPlayStation20周年記念特別映像がYouTubeで公開中 - GIGAZINE

初代PlayStationのCPUを搭載したNASAの無人探査機が冥王星に到達 - GIGAZINE

ゲーム機の連綿と続く歴史を体験できるゲーム「ゲームキョウカイ」のムービー - GIGAZINE

世界中で売れなかったゲーム機ワースト10 - GIGAZINE

in ハードウェア,   動画,   ゲーム, Posted by logc_nt

You can read the machine translated English article here.