Google Photosが黒人をゴリラと認識した事件で開発者が謝罪


5月29日にリリースされたGoogleの新しいフォトアプリ「Google Photos」にはアップロードされた写真に対して人工知能が自動的にタグをつける機能がありますが、黒人2人組が写る写真に対し「ゴリラ」というタグが付けられる「事件」が発生しました。

Google says sorry for racist auto-tag in photo app | Technology | The Guardian
http://www.theguardian.com/technology/2015/jul/01/google-sorry-racist-auto-tag-photo-app



ことの発端となったのはJacky Alcinéさんが行ったツイート。「Google Photosは最悪。私の友だちはゴリラじゃない」というメッセージと共に写真がアップされています。高層ビル、飛行機、車、などは正しく認識されていますが、下段真ん中に写っているAlcinéさんと友人が「ゴリラ」と認識されていました。


さらに、AlcinéさんがGoogle Photos内で「ゴリラ」と検索をかけても2人の写真が検索されることから、「Googleはどういう写真からデータを集めているの?」と不信に思っていた様子。

AlcinéさんはすぐにGoogleのソーシャル部門のチーフ・アーキテクトであるYonatan Zungerさんに連絡。Zungerさんは謝罪すると共に「バグの報告をありがとう」と対応し、Alcinéさんの許可を得てアカウントにアクセスすることで、その日のうちにバグは修正されました。

またZungerさんは「このようなことはよくあります」としつつも「マシン自体にバイアスはありませんが、我々が注意しないと彼らは容易に私たちから人種差別を『学んで』しまいます」とAlcinéさんにメッセージを送っています。これは、インターネットには黒人とゴリラを結びつける差別的な情報があふれており、それをマシンが機械学習してしまう、ということだと考えられます。

現在、Google Photos内から「ゴリラ」というタグは削除されていますが、チームは依然「なぜ人間の顔が正しく認識されないのか?」ということを調査中。このようなバグは初めてのことではなく、Zungerさんによると一度は人種に関わらず全ての人が「犬」と認識されることもあったそうです。

by Arik

Googleの広報担当は「このような事態が起こり本当に申し訳ないです。同様の結果を招かないよう、迅速に対応していきます。自動タグ付け機能にはまだまだ問題があり、今後、今回のような間違いを起こさないようにする方法を探っています」とコメントしています

・関連記事
Googleマップのホワイトハウスにあり得ない人物の名前を模したショップが出現 - GIGAZINE

Googleマップで「ニガーキング」と検索するとホワイトハウスが表示される件についてGoogleが謝罪 - GIGAZINE

Googleマップ上でドロイドくんがAppleロゴにおしっこをかけていたことが判明 - GIGAZINE

Googleの人工知能で食事や料理の写真からカロリーを自動計算可能な「Im2Calories」 - GIGAZINE

Googleの人工知能開発をリードするDeepMindの天才デミス・ハサビス氏とはどんな人物なのか? - GIGAZINE

ゲームを自ら学んで人間以上に上達できる人工知能「DQN」が人間を脅かす日はいつくるのか? - GIGAZINE

人工知能は核兵器よりも潜在的に危険、ホーキング博士が「100年以内に人工知能は人間を超える」と警告 - GIGAZINE

in メモ, Posted by logq_fa