Amazonが本を2割引で販売について「アマゾンと「時限再販契約」など一切結んでおりません」と主婦の友社が猛烈に抗議

by gwaar

6月26日(金)午前2時付で日経のサイトに「出版6社、発売後一定期間で値下げ アマゾンと組む」ということで、インプレス社・サンクチュアリ出版・ダイヤモンド社・主婦の友社・廣済堂・翔泳社の6社から出ている約110タイトルについて、6月26日(金)から7月31日(金)まで20%値引きして販売することになったという旨の報道記事が掲載されたのですが、なぜか主婦の友社が公式サイトで「アマゾンと「時限再販契約」など一切結んでおりません」と断言、それどころか「全く事実と異なる」とまで書いています。

日本経済新聞6月26日付報道について | 主婦の友社 会社情報
http://corporate.shufunotomo.co.jp/info/8391/


まず上記サイトには以下のように書かれています。

本日、日本経済新聞に掲載されました「アマゾンで2割値下げ」に関する記事について、全く事実と異なる部分についてご説明いたします。

主婦の友社はアマゾンと「時限再販契約」など一切結んでおりません。

そして、「詳細につきましては、下記のデータをご確認くださいませ」ということでPDFファイルが置いてあり、中身は以下のようになっています。


本日、日本経済新聞に掲載されました「アマゾンで2割値下げ」に関する記事について、全く事実と異なる部分についてご説明いたします。

主婦の友社はアマゾンと「時限再版契約」など一切結んでおりません。

さも契約をしたかのような記事が掲載されたことに対し、アマゾン側、また報道した日本経済新聞社にも猛烈に抗議をいたし、アマゾンからは未契約の確認を取っております。

この報道記事にて、大変ご不快な思いや混乱を招きましたことにつきまして、深くお詫び申し上げます

一体何が起きてこのようなことになってしまったのかはわかりませんが、きっちりと「アマゾンからは未契約の確認を取っております」とまで書いている以上、「猛烈に抗議」するだけのことはありそうです。

なお、Amazonが一体どういう目的でこの20%引きキャンペーン開始にこぎ着けたかというのは、報道によると以下のような考えに基づいています。

なお今回の値引きは期間限定のキャンペーン。そのため、キャンペーン終了後は価格を元に戻す予定だ。ただし、アマゾンはこうしたキャンペーンを1回だけで終わらせるわけではない。他の出版社にも継続的に声を掛けながら、「値引き販売」を仕掛けていく意向だ。

しかし、アマゾンの狙いは、期間限定キャンペーンをやることではなく、恒常的に自由な価格で販売できるようにすることだ。「価格の柔軟性があれば返本率を減らすこともできる。なるべく早く、"自由な価格で売れること"を普通のことにしたい」(種茂本部長)。

村井バイスプレジデントは「中古本は一切買わず、新品しか買わないお客さんもいる。そうした人たちには20%引きは響くはずだ」と説明するが、これだけでは大して売れるわけではないだろう。

・関連記事
Amazonの書籍割引と無料配達を禁止する法案が書店を守るためフランスで可決へ - GIGAZINE

オンライン書店の送料無料を禁止して街の本屋を守る通称「反Amazon法」ついに可決 - GIGAZINE

Amazonが送料無料を禁止した「反Amazon法」に対抗して「送料1円」に - GIGAZINE

Amazonから全ての本を引き上げて過去最高収益を得る出版社とは? - GIGAZINE

Amazon創業者ジェフ・ベゾスの妻がAmazonレビューで★1つを付けAmazonのノンフィクション本を酷評 - GIGAZINE

201

in ネットサービス, Posted by darkhorse