×
レビュー

ぼっちオフィスがどこにでも即座に作れる「ノマドスーツケース」を公園など野外で使ってみました


スーツケースに机とイスをくっつけて、どこにいても即座にオフィスを作れるようにしたのが「ノマドスーツケース」です。突然仕事の電話を受けて「今すぐPCを開きたい!」という時に便利なだけでなく、ピクニックや大道芸など、いろいろな場面で便利そうだったので、実際に使ってみました。

ドアを一歩出ればどんな場所でもマイオフィス。デスク付きスーツケース。 ノマドスーツケース BG2-279 / BG2-280 -BIBILAB(ビビラボ)-
http://www.bibilab.jp/product/bg2_279_280/

BIBILABから届いた大きなダンボール箱2つ。


箱を開けると、ネイビーとイエロー、2つのスーツケースが出てきました。


これがイエローのノマドスーツケースを正面から見た様子。スペースは上下2段に分かれています。


右側面には取っ手。


背面はデスク部分になっています。


左側面は折りたたみイスを収納するためのスペースとなっており……


ポケットが2つついていて、小物を収納する際に便利です。


この収納スペースは簡単に取り外し可能なので、不要な時は外してもOK。ただし、飛行機に乗る際に収納スペースを取り付けたままだと紛失する可能性もあるので、ベルトなどで固定した方がよさそうです。


天面には取っ手と、3段階の長さが選べるキャリー用のハンドル。


キャリー用のハンドルを伸ばすとこんな感じです。


身長153cmの女性と比較するとこのくらいの大きさ。サイズは約440×294×689mmで容量は合計71Lなので、2~3日の小旅行というよりは1週間以上がっつり旅する時用のスーツケースという感じです。


ということで、さっそくノマドスーツケースをデスクに展開してみました。1分足らずでさくさく展開できる様子は以下のムービーから確認可能です。

野外でも簡単にぼっちオフィスが作れる「ノマドスーツケース」を組み立ててみた - YouTube


まずスーツケースのタイヤ4つのうち、2つをロックします。


テーブル下部にはツマミがついているので、引き上げて……


以下のように展開します。


足を広げて……


伸ばします。


最後にデスクの裏側に収納されているテーブルサポートを取り外し、スーツケース側にある溝へ取り付けます。


イスはスーツケース側面のポケットに収納されていました。


これも設置します。


これで完成。


いったいどういう風に役に立つのか?ということで、検証してみました。例えば旅行中、食べ物を購入したものの、食べる場所が見つからず、腹ぺこ状態で街をうろうろ歩きまくってしまうことがあります。


しかし、ノマドスーツケースを使っていれば、場所に困ることなく、いつでもどこでもピクニックが楽しめるわけです。


ベンチに座った状態だとお弁当を持ち上げて食べなければならず、いろいろ不便ですが、簡単にデスクが展開できるので、落ち着いた状態でもぐもぐできます。


また、「今すぐPCを開いて仕事をしないと!でも場所がない!ピンチ!」という時でも、サッとデスクを開いて仕事ができます。


また、大道芸をたしなむ人にとっても使えるアイテム。ただしカードマジックをやる編集部員は「もう少し高さが欲しい……!」とコメントしていました。


さらに、コスプレを行う人はスーツケースの中に衣装を入れ、野外ロケでデスクを基地として使って化粧直しをすることもできます。


ノマドスーツケースの優れた点は、デスクとして使えるだけでなく、通常のスーツケースとしてもかなり便利なところ。スーツケースは上下2段のセパレート式で、上段は23L、下段は48L分荷物が入るようになっています。上段はこんな感じ。


フタにはメッシュポケットが2つついています。


上段にはついていないのですが、下段はロックがついています。届いた段階ではロックがかかっていたので、まずはリセットボタンを細長いもので押しながらダイヤルを好きな数字に合わせます。


ダイヤルの上にあるスライドを下に滑らせるとロックが外れる仕組み。


下段を開けてみました。


フタの部分には大小ポケットが2つ。大きなポケットにはデスクの組み立て方が書かれた取り扱い説明書が入っていました。


また下段には荷物の飛び出し防止幕もついています。


2つスペースがあるので、2人分の荷物を分けて入れたり、一方に仕事道具を入れてもう一方に着替えや日常品を入れたりなど、多様な使い方も可能です。


ちなみに、ノマドスーツケースはネイビーとイエローの2色展開で、ネイビーはこんな感じ。


出張中の2人が両者ノマドスーツケースを使っていれば、簡単に会議スペースも作れるわけです。


なお、ノマドスーツケースはAmazonで税込2万2581円で購入できます。

Amazon.co.jp: BIBILAB(ビビラボ) ノマドスーツケース 折りたたみデスク内蔵 ネイビー BG2-279: ホーム&キッチン

・関連記事
アジアで海外ノマドしてみた・6カ国まとめ - GIGAZINE

「ぼっちでもバーベキューがしたい!」という思いを果たすべく「オヒトリサマBBQグリル」でジュージューしてみた - GIGAZINE

部屋の中に隔離空間を作り出す「ぼっちてんと」で秘密基地を作ってみた - GIGAZINE

あっという間に設営可能なテント「Quechua 2 Seconds III」を使ってみました - GIGAZINE

どこにでも設置できる1人用のミニオフィス「OfficePOD」 - GIGAZINE

超巨大ビーズクッション「Yogibo(ヨギボー)」で快適なダメ人間ライフを実現する完全堕落マニュアル - GIGAZINE

片手で持ち運べて野外でも使えるどこでもソファ「ワンハンドキャリーソファ」を使ってみた - GIGAZINE

in レビュー,   動画, Posted by logq_fa