高速に大容量ファイルをクラウドを使わず複数台のスマホに転送できるアプリ「Shoot」


写真やムービーをスマートフォン間で受け渡す方法はいくつかありますが、転送速度が遅かったり、転送までの操作が複雑で使いにくかったり、機種やモバイルOSに依存して使えなかったりと何かしら不満なところがあるものです。そんなスマートフォン間のファイル転送を、Android・iOS・Windows Phoneなど複数のOS間でも簡単かつ高速に行えるアプリが「Shoot」です。

Shoot - BitTorrent Sync
https://www.getsync.com/intl/ja/shoot

Shootの使い方は以下のムービーを見れば一発で理解できます。

Introduction to BitTorrent Shoot - YouTube


Shootを使ってiOS端末からAndroid端末、Windows Phone端末へファイルを転送してみます。Android・Windows PhoneはShootアプリを起動させて待機中。


iPhoneでShootを起動。


Shootアプリのライブラリで転送したい写真をチェック中。


Shootでは写真だけでなくムービーも転送可能。転送したい写真・ムービーを複数選択して一気に送信することも可能です。


送りたい写真・ムービーにチェックマークを付けたら送信ボタンをタップ。


するとQRコードが表示されました。


ファイルを受け取るユーザーは、Shootアプリの受信ボタンをタップ。


するとカメラが起動するので……


あとはQRコードを読み取ればOK。


ファイルの転送がスタートします。


なお、Shootでは複数台の端末へ並行してファイルを転送することが可能。Android端末に続いてWindows Phone端末でもQRコードをパシャリとすれば、複数台の端末に同時にファイルが転送されます。


Shootは「BitTorrent Sync」と同様の仕組みでファイルを高速転送することが可能。


シェアしたいファイルを簡単かつ高速に、複数端末に向けて一気に送信できます。


◆アプリインストール
BitTorrent Shoot on the App Store on iTunes
https://itunes.apple.com/us/app/bittorrent-shoot/id933805245

Shoot - Google Play の Android アプリ
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.bittorrent.shoot.app

実際にiPhone 6にインストールして使ってみます。App Storeで「Shoot」を検索して、「入手」をタップ。


「インストール」をタップ。


「開く」をタップすればShootが起動します。


◆使ってみた
アプリの初回起動時には写真へのアクセスを求められるので、「OK」をタップ。


これがShootのメイン画面。「SEND(送信)」と「RECEIVE(受信)」の2種類のアイコンが置かれるだけの極めてシンプルなデザインです。


・ファイルを送信する端末の操作
ファイルを送る場合には「SEND」をタップ。


すると端末内の写真とムービーがタイル状にサムネイルで表示されます。このビューワーで写真やムービーを閲覧しながら送信するファイルを選べるというわけです。


ファイルを選択するには右上の「Select」をタップ。


送信したい写真やムービーにチェックを付けて、「Send selected」をタップ。


するとQRコードが表示されるので、受信したいスマートフォン側でこれを読み込めばOKです。


・ファイルを受信する端末の操作
ファイルを受け取る側では、メイン画面で「RECEIVE」をタップ。


カメラが起動するので、送信する端末に表示されたQRコードにかざせばファイルの転送が始まります。


写真10枚、ムービー2つの合計96.5MBのファイルを、iPhone 6からNexus 6、iPad Air 2、Nexus 5に連続して転送する様子は以下のムービーで確認できます。

「Shoot」で複数台のスマホに約100MBのファイルを転送する様子 - YouTube


ファイルの転送速度は回線の通信速度に依存するものの、各端末へ1分足らずで96.5MBのファイルを転送することができました。端末1対1でのファイル送受信はBluetoothでも事足りますが、複数台の端末に同時に高速ファイル転送する場合はShootはとても便利と言えそうです。


なお、設定アイコンをタップして……


「Use cellular data」をONにするとモバイル通信時にもデータ送受信ができ、OFFにするとWi-Fi環境でのみデータ送受信ができるように設定できます。


簡単な操作で写真・ムービーを複数台の端末に同時に送信できるShootは、BitTorrent Syncの技術をベースにしておりファイルサイズの大きなムービーの送受信にも対応。3回までの送信が無料で、1.99ドル(約240円)の有料版にアップグレードすることで制限なくファイルを送信できるようになります。なお、ファイルの受信は完全に無料となっています。

・関連記事
PC・iPhone・Androidなどで巨大ファイルをクラウドを介さず直接同期する「BitTorrent Sync」レビュー - GIGAZINE

PCからスマホへのファイル転送に特化した無料アプリPushbulletの「Portal」を使ってみた - GIGAZINE

無料でスマホとPC間のメモ・データ・リンクなどを速攻で簡単にやり取りできるアプリ「Pushbullet」 - GIGAZINE

ソフトのインストールなしで簡単にPCやスマホ間でデータのやり取りが可能になる「ShareDrop」 - GIGAZINE

ファイルの保存・同期・共有がPCやスマホで自由自在にできる「SpiderOak」 - GIGAZINE

194

in レビュー,   モバイル,   ソフトウェア,   動画, Posted by logv_to