ついに「Windows 10」の無償アップグレード提供日&発売日が正式に判明


Windowsの次期最新OSとなる「Windows 10」のOEM版価格が判明していますが、さらにMicrosoftは2015年7月29日(現地時間)からWindows 10の提供を開始することを公式発表しました。

Hello World: Windows 10 Available on July 29
http://blogs.windows.com/bloggingwindows/2015/06/01/hello-world-windows-10-available-on-july-29/

Windowsの公式ブログでは、Windows 10が利用可能になるのは2015年7月29日になったことが発表されています。音声アシスタントシステムの「Cortana」にWindows 10の発売日を質問すると、「Windows 10は7月29日から利用可能になります」と返答するようになっており、発売と同時にWindows 7およびWindows 8.1向けの無償アップグレードが提供されるとのことです。

Windows 10には、音声パーソナルアシスタント「Cortana」、「Microsoft Edge」、Office 2016 のフル機能のデスクトップスイートに加えてWindows 10のタッチ操作に対応した「Office on Windows(Word、Excel、PowerPoint)」、Xbox Liveが統合され、PCでもタブレットでもゲームをプレイできる「Xbox App」、OneDriveとの連携を強化した「新しい写真・ビデオ・音楽・地図・連絡先・メール・カレンダーのアプリ」、モバイル版Windows 10搭載スマートフォンをPCとして使用できる「Windows Continuum」、PCに顔を見せるだけでログインできる生体認証システム「Windows Hello」、アプリのインストール/アンインストールが簡単になった「Windows Store」の機能が搭載されると発表されています。


・追記 2015年6月1日 19:09
なお、アップグレード対象のWindows搭載PCにはタスクバーに「Windows 10を入手する」というアイコンが出現しています。クリックすると……


「無料アップグレードの手順」が表示されます。今すぐWindows 10にアップデートできるわけではなく、入手可能になったら自動的にダウンロードされるようになる「無料アップグレードの予約手続き」ができるわけです。ダウンロードの際はPCに3GBの空き容量を用意しておく必要があるとのこと。


というわけで矢印をクリックしていくと、日本語で書かれたWindows 10の新機能に関する簡単な説明を読むことが可能です。


予約を行うには、「無料アップグレードの予約」をクリック。


するとメールアドレスの入力画面が開きます。「電子メールによる確認をスキップする」をクリックしても、PCに通知は届くため予約を完了させることができますが、メールでお知らせを受け取る場合は、メールアドレスを入力して「確認の送信」をクリックします。


これで予約手続きは完了。7月29日になると自動的に無償アップグレードが行われるようになりました。

・関連記事
「Windows 10 Home」「Windows 10 Professional」のOEM版価格が判明 - GIGAZINE

Microsoftが顔を見せるだけでログインできる生体認証「Windows Hello」を発表 - GIGAZINE

モバイル版「Windows 10」はスマホをPCへと変貌させる新機能を搭載 - GIGAZINE

なぜWindows 10が「特別なOS」なのかが一発で分かる新機能まとめ - GIGAZINE

Microsoftの新ブラウザ「Edge」に搭載される新機能が判明、徐々にChromeやFirefoxに近づいている実態が明らかに - GIGAZINE

Microsoftの新ブラウザ「Edge」はChrome・Firefoxの拡張機能をそっくりそのまま奪い取る驚愕の仕様であると判明 - GIGAZINE

in ソフトウェア, Posted by darkhorse_log