スマートウォッチAndroid Wearがさらに強化、「常にオン」「腕振りジェスチャー」「手描きで絵文字認識」「アプリランチャー」


本日未明に行われたGoogleの開発者向けイベント「Google I/O 2015」で、ウェアラブル向けOS「Android Wear」の新機能が明らかにされました。進化した腕振りジェスチャーや絵文字を「お絵描き」できるなど、スマートウォッチならではのかゆいところに手が届く機能はこんな感じ。

Android Wearはどう進化していくのか?


Android Wearが2014年に発表されてから、さまざまなデバイスが登場。これはASUSの「ZenWatch


四角いタイプだけでなく、時計らしい丸形もアリ。これはLGの「LG Watch Urbane


多様性こそAndroidの真骨頂。さまざまなデバイスの登場と共にAndroid Wearもバージョンアップを重ねてきました。


Android Mのテーマは「Glanceable(パッと見で分かる)」「Actionable(活動的)」「Effortless(簡単・楽ちん)」


これらのテーマを実現するのが新機能の数々。


Android Wearには常に画面をONにする機能もあります。


買い物リストをちらっと確認したり……


アプリを起動したり。


Googleマップも表示させられます。


腕の動きによるジェスチャーもバージョンアップ。


スマートウォッチを上に向けて……


シュッと腕を振るだけで……


別の情報を表示できます。


Android Wearのリストジェスチャーの使い方は以下の解説ムービーを見ればよく分かります。

Wrist gestures with Android Wear - YouTube


絵文字認識機能の「Emoji recognizer」を搭載。


例えばAndroid Wearでメッセージを受信して返信する場面。


オプションで「Draw emoji(絵文字を描く)」を選択。


お絵かき中。


お絵かきを識別して候補の絵文字をずらりと提示してくれます。


あとは好きな絵文字を選んで送信すればOK。スマートウォッチで絵文字をさくっとスマートに返信できるというわけです。


絵文字をサクッと「お絵描き」して送信する様子は以下のムービーの1分30秒あたりから確認できます。

Draw emojis on the new Android Wear - YouTube


ランチャーはボイスコントロールに対応。


Android Wearのアプリはすでに4000以上登場。


丸形フェイスにも最適化されたUIがリリースされています。


Uberでタクシーを呼ぶことも可能です。


スマートウォッチに搭載されたセンサーを活用するアプリも続々と登場予定。


フィットネスアプリだけでなく……


ゴルフスイングの軌道を測定するアプリなどスポーツ関連アプリも充実。


音楽検索アプリ「Shazam」も対応済み。


フォードのナビアプリや……


家電を操作するスマート家電用アプリもあります。


Android Wear搭載のスマートウォッチは、さまざまなデバイスと連携可能。Android Wearでライフスタイルが大きく変化しそうです。


・つづき
GoogleからIoT向けOS「Brillo」登場、スマホと家電を融合させる「WEAVE」とは? - GIGAZINE

・関連記事
GoogleのスマートウォッチOS初の大型アップデート「Android Wear 2.0」新機能まとめ - GIGAZINE

「Android M」の詳細やIoT向けの新OSなどが次々と登場した「Google I/O 2015」まとめ - GIGAZINE

Android Wearが大幅アップデートでApple Watchの機能にさらに近づく - GIGAZINE

スマートウォッチ「Android Wear」を使い倒すための無料アプリ12選レビュー - GIGAZINE

かなり時計っぽい見た目の円形Android Wearスマートウォッチ「Huawei Watch」 - GIGAZINE

ついに丸い文字盤のAndroid Wearスマートウォッチ「Moto 360」正式発表 - GIGAZINE

Android Wearの第1弾、スマートウォッチ「LG G Watch」速攻レビュー - GIGAZINE

Android Wear搭載スマートウォッチ「LG G Watch」を1週間使ってわかったこととは? - GIGAZINE

33

in モバイル,   ソフトウェア,   ハードウェア,   動画, Posted by logv_to