試食

フローズンなのにホットミルクで作るシャーベット状ドリンク「抹茶フラッぺ」と「マンゴー&オレンジフラッペ」


暑い夏が始まろうという季節に、ファミリーマートが新商品のスイーツ系フローズンドリンクの販売を開始しています。新商品の「抹茶フラッぺ」と「マンゴー&オレンジフラッペ」は、コーヒーマシンのホットミルクを使い、ミルクのまろやかな味わいが楽しめるシャーベット状のフローズンドリンクとのことなので、実際に飲んでみました。

ファミマカフェ|商品情報|FamilyMart
https://www.family.co.jp/goods/famimacafe/

「FAMIMACAFÉ」の夏の新メニュー“ホットミルク”で作る本格フローズンドリンク「抹茶フラッぺ」と「マンゴー&オレンジフラッペ」が新登場!
(PDF)https://www.family.co.jp/company/news_releases/2015/150508_01.pdf

新商品のフラッペ2種を飲むためファミリーマートにやってきました。


まずは、店内で販売されている「マンゴー&オレンジフラッペ」と「抹茶フラッぺ」を購入。2つのフラッペはFAMIMACAFÉの新商品で、購入後にコーヒーマシンでドリンクを作ります。


購入すると店員さんがフタを取り外してくれます。フタを開けると、真ん中にポッカリと空洞ができていました。


容器を手に持ってもむように固まっている氷をほぐします。


ほぐし終わるとこんな感じ。容器の上の部分は氷の塊が残ってしまうものの、下の部分はしっかりとほぐせました。


次はコーヒーマシンに容器をセットし……


フラッペ専用のボタンを押します。


すると、蒸気が噴き出してホットミルクが注がれます。何も知らずにこの状態になると「押すところを間違えた!?」とパニックになりそうですが、「ホットミルクが出てくる」で合っています。


ホットミルクがカチカチに固まったフラッペを溶かすというわけです。


ホットミルクを注ぎ終わったら、ストローを挿して……


氷の塊がなくなるようにかき混ぜます。


同様に、抹茶フラッペもホットミルクを注いだらストローを挿して混ぜ混ぜ。


まぜ終わってフタをしたら完成です。


マンゴー&オレンジフラッペは容器が透明なので、氷とホットミルクが混じり合ってシャーベット状になっているのがよく分かります。


フラッペが溶けないうちに一口ゴクリ。マンゴー&オレンジフラッペは、シャリシャリとしたシャーベットのような食感が暑い季節にはたまりません。マンゴー&オレンジというフレーバーは一般的なジュースのマンゴー&オレンジと変わらない味。ミルクが入っていることでまろやかになっているとのことですが、ミルクのコクなどはあまりしませんでした。「甘い」というよりは「マンゴーとオレンジの酸味が爽やか」という感じです。


次は抹茶フラッペを飲んでみます。


抹茶フラッペも食感はシャーベットのようで、マンゴー&オレンジよりもミルクが強調されており、抹茶オレのフローズンドリンクといった印象。ミルクのコクと抹茶の風味、甘さのあるフラッペがほてった体を癒してくれます。


なお、「マンゴー&オレンジフラッペ」と「抹茶フラッぺ」は税込260円で、宮崎県と鹿児島県の店舗を除いた全国約1万1000店舗で販売中です。

・関連記事
3カ月で320万杯以上販売したふわっとトロける新食感アイス「コットンスノーキャンディ」をミスタードーナツで食べてきた - GIGAZINE

かき氷なのに体が暖まる「きざみ生姜と自家製練乳のかき氷」をともえ庵で食べてきた - GIGAZINE

氷菓の枠を飛び越えた高級スイーツのようなかき氷を食べられるカフェ「yelo」 - GIGAZINE

ふわふわ氷が口の中で溶ける「アイスモンスター」のかき氷を食べてきた - GIGAZINE

「夏でなく冬がオススメ」と店員が豪語するだるまや餅菓子店のかき氷とは? - GIGAZINE

日本に5軒しかない天然氷屋「日光天然の氷四代目徳次郎」のかき氷を食べに行ってきました - GIGAZINE

オトナのウイスキーかき氷「みぞれ山崎」を食べてきました - GIGAZINE

in 試食, Posted by darkhorse_log